フェミナチを監視する掲示板
公権力を濫用し、『男女共同参画』の名を借りて文化破壊、家族否定の『ジェンダーフリー』政策を推し進める
フェミ・ファシズムを告発し、国民の注意を喚起するBBSです。
利用上のご注意: 
露骨な板荒らし、個人に対する誹謗中傷及び公序良俗に反する内容は禁止です。
上記に該当する書き込みがあった場合、管理人の判断で予告なく削除することがあります。
おかげさまにて12年目となりました! 今後とも何卒よろしくお願い申し上げます!!
[トップに戻る] [使い方] [記事削除] [過去ログ] [管理用] [AZAQ-NET]
おなまえ
Eメール
題  名
コメント
URL
削除キー (自分の記事を削除時に使用。英数字で8文字以内)
文字色

[80548] 小保方さん、退職 投稿者:三四郎 投稿日:2014/12/19(Fri) 16:34:23 No.80548 [返信]  
 理化学研究所の小保方春子研究員が退職したそうです。例の
STAP細胞とやらも、検証実験が行われたのですが、結局作ることが出来ず「捏造」というところに落ち着いてしまったらしいんですが・・・・私自身、この人のニュースを最初に聞いたときは「快挙」だと思った一人ですから、あまり責める資格はないのかもしれませんけれど、それにしても作ることも出来なかった「夢の細胞」を出来たなんて、一体何故言ってしまったんでしょうね?そして理研という組織も何故その「虚偽」を見抜けなかったんでしょう?
 マスコミも、一時は彼女を「リケジョの輝ける星」みたいに
持ち上げていましたけど、一旦地に堕ちてしまうと、その叩きようといったらないですよね。
 ありきたりな表現ですが、何故こうなってしまったのか。同じことが起こらないようにするにはどうしたら良いのか、皆で一度深く考えてみる必要があるように思います。



Re: 小保方さん、退職 正論読者@管理人 - 2014/12/20(Sat) 06:14:52 No.80551
三四郎さん、ありがとうございます。

>マスコミも、一時は彼女を「リケジョの輝ける星」みたいに

たしか「日本女性初のノーベル賞〜」どうこうで大喜びコメントを出し、その後隠れるようにサイト等から消した女性議員さんもいたとか。。本件に関する報道でヒットしたものからですが、

http://www.j-cast.com/2014/12/19223718.html?p=all

>「小保方氏が詳細な反論をすることなく、「夢の細胞」と言われたSTAP細胞は「夢」として幕引きされることになった。」
>「理研の判断で小保方氏を出席させなかった。」
>「ネイチャー掲載の論文の画像に「改ざん」「捏造」といった研究不正行為が認定され、懲戒処分の対象になっている。論文に新たな疑義が生じたことで、処分の検討は進んでいなかったが」

等々。本当に残念ですが。。別にことさら穿って、ということではございませんが、もしこれが若手〜男性研究員等だったら、おそらく違う展開だったように思います。



[80458] さぁ 選挙 4 投稿者:正論読者@管理人 投稿日:2014/12/09(Tue) 06:01:46 No.80458 [返信]  
失礼いたします。〜3スレも長大化してまいりましたので、直近のご投稿をコピペ、以後本スレにて続行でお願いいたします。

(以下、転載)

Re: さぁ 選挙 3 ナポレオン・ソロ - 2014/12/08(Mon) 10:55:35 No.80449

>>円安と物価高で生活が苦しくなるけどそれでも構わない、という人は棄権をしてください
↑で、民主党が「国民目線」の欠片も持って居ない事が、決定的にバレちゃいましたね。 で、三四郎さんもオッ射程ますが、「いうに事欠いて、棄権してください」って・・非常識にも程があるでしょう。

 仮染めにも、その選挙で選ばれて国政を預かって居る身だった筈。 確かに、組織票が中心の民主党にとって投票率は低い方が有利だと云うのは判る。其れだけ、選挙戦の手応えが希薄で焦って、つい本音が出たのかもしれない。

 しかし、ダカラと云って、云っていい事と悪い事が有るだろう。「棄権せよ=国民は国政に参加するな」と云っているのと同じ事です、国民に政治に関心を持ってもらい、その認識を深める事に努力する事も、国会議員としての大切な本文・使命の筈。 斯う云う、国会議員たるに大事な基礎要件の面で、党の幹部が大失言を口走って居る様では、枝野氏当人の当選の可否は決まった様なモノではないか。

 「斯う云う、貧しい資質の人ばかりが集まって居るのが民主党なんですよ」と、強力なネガティブキャンペーンを、自ら張ったに等しい。 正に自爆です。


 約5年前、此奴らに任せた結果が、今の不況の原因だと思えば、「此奴らを再び国会に送ってはならない」と云う確信こそ我々は持たねばならないだろう。 と国民は気付いてほしいですね。




Re: さぁ 選挙 3 ナポレオン・ソロ - 2014/12/08(Mon) 14:04:01 No.80450

 連投スミマセン。 ソロです。
>>「俺たちが失敗したら他に代わる党がない。鳥肌が立つような怖さを覚える」。
  これは、谷垣禎一自民党幹事長が、大阪寝屋川市の街頭演説に於いて、発言したものですが、随分思い切った発言をしたものですね。 然しこの発言が、正鵠を得ているとしか思えない処に、現在の日本の政治界の貧困が有ります。 その実態が、此の度の解散〜選挙戦で、各野党が示した、現状解析力の無さや政策立案能力の貧しさで、其の無能さがよりハッキリし、確信を深めたのだろうと思います。

  各野党のすべてに言える事ですが、「アベノミクスの威力」を過小評価していると思います。 例えば、シナではアベノミクス施行以来、ドルリンクしている人民元は、当然ながら対円レートで50%も上昇しているのです。その所為かシナ人観光客が、9月時点でも、外国人韓国客が1100万人と史上最高を記録した前年度と比べ130万→230万人と100万人も増加しています。

 シナ当局としては、これ以上の外資の逃散を抑える為にも、元の切り下げを行いたい処ですが、仮にそうしたら。海外からシナに投資している、裸官達の資金が、再びドルに逃げてしまうのが見えていますから、其処が、更なる外資のフライトを誘引する引き鉄になりかねないので、したくても出来ないのでしょう。

  その上、人件費の伸びは2桁に達して居るのですから、外資を引き留められる手段はモゥ尽きていると云うべきです。 日本からの新たな投資にしても、この円安・元高では、製造費の低減メリットは期待できませんから、在り得ないでしょう。 

  結局事実上、シナ経済に未来はないと云う事になりそうです。

  この様に、アベノミクスの対外的な打撃力は、我々が思って居るよりも遙かに、対韓対シナには効果絶大なのに、日本には観光客の大幅な増加等、好影響の方が大きいのです。これらは、数字を上げれば、国民はより一層納得がゆくでしょう。

  シナ韓国の言い形にしかならなかった民主党や、シナ韓国の手先でしかない社民党や共産党、生活の党が如何に取り繕うとしても、弁解すればするほど、自民党を批判すればするほどその正体と、無能さが鮮明になって行くのです。今痾政党に属する、無能な国会議員に年間1億円も歳費を払っていたとは、そりゃあ、舐められますよね。

(おわり)



Re: さぁ 選挙 4 正論読者@管理人 - 2014/12/09(Tue) 06:38:08 No.80460
ナポレオン・ソロさん、ありがとうございます。

>仮染めにも、その選挙で選ばれて国政を預かって居る身だった筈。 
>云っていい事と悪い事が有るだろう。「棄権せよ=国民は国政に参加するな」と云っているのと同じ事です

政党や主義主張に関わりなく、政治家、公人として絶対に言ってはならないこと、ということでありましょう。。

>この様に、アベノミクスの対外的な打撃力は、我々が思って居るよりも遙かに、対韓対シナには効果絶大なのに

>シナ韓国の言い形にしかならなかった

この2国の指導者が安倍政権を忌み嫌う理由は、政治思想面ばかりではなく、ということですね。彼らからしてみれば、現政権前の3年〜は笑いが止まらない、ということだったと。
それから、以下はまたランキングサイトから一つですが、

http://ponko69.blog118.fc2.com/blog-entry-2798.html

とにかく棄権などもってのほか、必ず選挙へ、そして確かだと信じる候補者や政党へ、ということですね。


Re: さぁ 選挙 4 ナポレオン・ソロ - 2014/12/09(Tue) 11:27:05 No.80461
ソロです。 選挙戦勝利は喫緊の用ですが、その後について有権者が認識すべき問題点を書いてみました。

多くの日本人有権者にとって、政治的な関心事と云えば、先ずは景気回復〜賃金上昇でしょう。 それ故、安倍政権も「アベノミクスの継続の是否を問う選挙だ」と云っているのでしょう。

然し実は日本は、喫緊の問題を抱えているのです。 それは、防衛問題です。

既に御存知の方も多いとは思いますが、2015年内に極東から米軍がグアムに移転を開始いたします。 殊に、在韓米軍は、韓国側の希望から生じた「戦時作戦統合権の返還」の要請期限が発効します、然し、現実的に考えると、極東の米韓同盟軍の大方の戦力を動かしている米軍に作戦統合権が無いと云う事は、逆に現実的ではないからのです。 従来の要請期限は、2010年だったのを、李明博大統領が、米国と交渉して2012年に、更に2015年迄延長したが、朴政権は、更なる延長を要請した模様。 然し、其れなら、返還そのものを取り下げればよい話ですが、「取り下げられない」のは、米軍が財政難から、極東からの軍隊の引き揚げを漸次的に行うと云う別線の計画が発効し始めるからでしょう。

韓国のこうした一貫性に欠けた政治的な動きは、米国にとって真に不快なものである事は論を俟ちません。 然も、韓国は貿易面とは言え、米韓同盟の仮想敵である筈の共産シナに擦り寄って、「蜜月関係」と噂される程、其の関係を深めているのです。 旗幟が不鮮明になりつつあると云ってもよいでしょう。

一方の共産シナは、相変わらず軍備の拡張に余念が有りません。

この様な事態の中、米国は、在韓・在日米軍の極東プレゼンスを計画通り縮小すると云うのですから、軍事バランスで平和が保たれてきた事実を鑑みれば、生じる不均衡の隙間を誰が埋めるのか? と云う顕かな問題が浮上します。

 それは勿論、日本領土に関しては、日本でなくてはならないでしょう。

 然し、現行憲法の下では、法的にも、軍備的にも、シナの軍事力と均衡させるだけの打撃力も量も日本は持っていません。 例えば、兵力比較すれば、人民軍230万人に対し自衛隊は25万人に過ぎません。 更にシナには、800万人を超す民兵が存在するし、武装警察官も400万人もいるのです。 10倍所か、実の60倍近い差が有るのです。 然も、共産シナは核保有国で、現在も300基以上のミサイルが日本や台湾に照準を合わせていると云います。

 ではどれ程の軍備が有れば、シナの侵略を諦めさせられるのか? と云えば、嘗ての‘12年9月に起こったシナでの暴動の際、暴徒が米国大使の乗った乗用車を取り囲みました。 その報告を受けた当時の国防長官は、すぐさま「不快感」を共産シナ中央に示しました。 すると、即座に太平洋に居る2つの米国艦隊で成る「打撃艦隊」が編成されました。 艦隊は、約1万人の兵士を狙った地点に即時投入可能と云う事ですぼで、オソラク開戦ともなれば、3日間で共産シナ中枢は、制圧されるでしょう。

是ほどの戦力差が無ければ、シナと一戦交えなければならないのです。

戦争が嫌いで避戦を主張する気持ちが本当なら、このレベルの機能を備えた軍隊を用意せねばならないと云う事です。 共産シナが話し合いで要求するのは、日本側の戦わずしての無条件降伏ダケですが、米国とは違い、爾後日本はシナの領土に組み入れられる事になるでしょう。 彼らに相手の主権を考慮するようなマトモナモラルを期待するのは月にウサギが棲んでいると信じるようなもの、現在のチベットやウィグルの惨状を見ていれば、話し合いで片が付くような相手ではない事は、はっきり認識しておくべきです。


Re: さぁ 選挙 4 三四郎 - 2014/12/09(Tue) 14:11:14 No.80465
 麻生副総理が『(少子化を)老人だけに押し付けるのではなく、若い女性にも問題がある』と発言したとかいうので、それが結構叩かれています。野党、主婦etc・・・


 私は麻生副総理がどういう意図でこの発言をされたか分かりませんし、新聞なんぞで流されているのが、果たして本当かどうかも疑わしいものですので、どこまで信じて良いかは疑問です。確かに麻生氏は、ちょっとこうした刺激的な発言について脇が甘いところがありますので、その点は残念だなぁとは思います。しかし上記の「自民党に勝って欲しいと思う人は棄権してください」という、枝野民主党幹事長発言は無視しておいて、麻生発言だけを叩くというのは、一体どういうことでありましょうか?


Re: さぁ 選挙 4 古本屋の常連 - 2014/12/10(Wed) 00:58:42 No.80470
>枝野民主党幹事長発言は無視しておいて、麻生発言だけを叩くというのは

いや、どうも最近はどんどん細かくなっていて、コメンテーターが安倍氏の応援に行ったら番組に出られなくなったそうです。一方、香山リカは野党推し民主社民推しですが、平然とテレビラジオに出ています。
マスコミは当たり前に政府与党の意見を国民から遮断しようとしているんですね。


Re: さぁ 選挙 4 正論読者@管理人 - 2014/12/10(Wed) 06:31:53 No.80476
ナポレオン・ソロさん、三四郎さん、古本屋の常連さん、ありがとうございます。

>現在のチベットやウィグルの惨状を見ていれば、話し合いで片が付くような相手ではない事は、はっきり認識しておくべきです。

まったく同感でございます。おそらく世界で最も害悪〜集団であろう中共にとって「倭族自治区」?は空想ではなく、ということでしょう。

>どうも最近はどんどん細かくなっていて、コメンテーターが安倍氏の応援に行ったら番組に出られなくなったそうです。一方、香山リカは野党推し民主社民推しですが、平然とテレビラジオに

何と申しますか、反日側もいよいよなりふり構わずますます露骨にということでしょうか。選挙戦中盤〜も「自民圧勝」が流れておりますが、(再度)私たちもしっかりと反日側の思惑に惑わされることなく、必ず選挙へ!ですね。
また関連ランキング上位サイトから一つですが、「メディアの偏向」

http://nezu621.blog7.fc2.com/blog-entry-2477.html

>「公示直後に、自民300議席圧勝を全紙で報道する。
これにより自民は大丈夫という安心感を広げ、選挙に行かない人を増やす。
その2〜3日後に、自民の失言問題を取り上げ、無党派層の票を野党に流す」というものだったのですが、まさに、その通りの展開になりました。つまり、これら一連の報道は、左巻さんの「作戦通り」ということです。

等々。ご判断はお任せいたしますが、反日側の狡猾さには油断禁物ということは、とても大切な認識です。


Re: さぁ 選挙 4 三四郎 - 2014/12/10(Wed) 08:54:28 No.80478
 野党やあっち側の人達は、表向き「庶民の味方」を気取っているみたいですけど、実は彼らが一番「庶民を馬鹿にしていいように使おう」と思っているようにしかみえないのですが?

Re: さぁ 選挙 4 ナポレオン・ソロ - 2014/12/10(Wed) 09:56:40 No.80479
ソロです。 民主党がマニフェストを発表しました。 政権奪取後「サギフェスト」と揶揄された民主党のマニフェストですから、これに懲りたのか、前回の4k=子供手当、高校無償化、高速道路無償化、農家個別所得補償制度、の様な具体性豊かなものでは有りません。 その内容とは、
>>(1)円安進行による物価高を回避する「国民生活に留意した柔軟な金融政策」。(2)子育て支援や非正規雇用の待遇改善などの「生活の不安を希望に変える人への投資」。(3)再生可能エネルギーや農林水産業、中小企業などに政策資源を集中する「未来につながる成長戦略」
 何れも、後からドゥにでも言い替えや云い逃れる事が可能な文章に成って居ます。ちょっと批評してみます。
(1)=円安が進行したら、資源輸入国の日本ダカラ物価が上がるのは必然、問題点は「賃上げをドゥ追いつかせるか」の筈。 それについては明言せず、「柔軟な金融政策」と暈しているが、其れだけで乗り切れるとは思えない。 柔軟な禁輸政策、つまり金利操作を言っているのだろうが、結局、国民に借金をしろと云っているのと同じ、其れは賃金が連続的に上がる事が先決条件だろうが、現状の安定した低成長で、家計構造が破綻している韓国じゃあるまいし、そんな現象はマジックに等しいと思う。 経済にマジックは存在しないのだが?
(2)=「生活の不安を希望に変える人への投資」って、此の文自体が意味不明ですね。子育て支援は兎も角、非正規雇用を減らそうとすれば、先ずはデフレを終息させて、物価と賃金の関係水準を押し上げなければ、何も始まらないのでは? 円安進行で、街に溢れる観のあった外国人労働者が帰国するのだから、賃金は否でも上げざるを得ないだろう。
賃金も物価も上昇するが、その機会を逃さず、賃金と物価の関係改善を試行すべき。 
(3)=是亦、意味不明。 中小企業や農林漁業に、「未来につながる投資」を行うのには反対しないが、再生可能エネルギーは現状の原発停止のママでは、電力会社延いては国民負担が増すばかり、原発を安全審査をパスしたものから順に、52基中半数位は稼働再開させて、その余力を、再生エネルギー開発支援の原資に充てるべきだろう。

 ドゥも、今回、民主党にシナ朝鮮勢力から下されたミッションは、「円安退治」と「日本経済破綻」を至上命題とするモノだった様に思う。ww

幾ら美辞麗句で彼らが表面を飾っても、彼らには肝心の「信用」と云うものが,既に無い
現実を考えれば、こんな抽象的なマニフェストで打開できるような話ではない事位、重々承知の上だろう。してみれば、改めて民主党が既に過去の政党=国民の信を担うに値しない政党である事が、浮き彫りになって来るように思います。


Re: さぁ 選挙 4 三四郎 - 2014/12/10(Wed) 18:41:48 No.80484
(連投失礼致します)
 さて、選挙に絡んで、あちら側マスコミは今日から施行された「特定秘密保護法」をやり玉に挙げておりまして、何だかいつの間にかこれが選挙の争点になっているような報道ぶりであります。
 一体、テロや国防に関する秘密を、どうして、誰が、何の目的でそんなに知りたがるんでしょう?そして何故それが争点になるんでしょう?この法律はとっくに国会を通過しているものです。だから施行されたんでしょうに。彼らは「民主主義のなんたるか」さえ、もはや分かっていないようですね。(いえ、初めから分かってなかったというべきでしょうか?)


Re: さぁ 選挙 4 正論読者@管理人 - 2014/12/11(Thu) 07:11:38 No.80485
三四郎さん、ナポレオン・ソロ さん、ありがとうございます。

>表向き「庶民の味方」を気取っているみたいですけど、実は彼らが一番「庶民を馬鹿にしていいように使おう」と思っているようにしか

そうですね。今般の選挙戦では、あちら側はそれこそ「なりふり構わず」で、余計にそうした本質が出ている感じがいたします。嘘の資料を平然と使ったり。。

>下されたミッションは、「円安退治」と「日本経済破綻」を至上命題とするモノだった様に

なるほどですね。まさにK国は当時笑いが、、であったわけで。以下はまた最近の産経系報道からですが、

http://www.zakzak.co.jp/society/politics/news/20141210/plt1412101140004-n1.htm

>「小沢、枝野両氏以外にも、数多くの野党大物がターゲットにされているようだ。 」
>「「小沢氏は、和子夫人との離婚報道で女性票が減った。中央政界での存在感も失われ、男性票も『過去の人だ』と離れてきている。自民党は世論調査の数字を見て『追い込むチャンスだ』と見極めたのだろう。枝野氏は、劣勢が伝えられる海江田万里代表とともに、民主党ツートップを選挙区で撃破することで、衆院選勝利の象徴にするつもりではないか」」

等々。再度となりますが、たしかに過去からしっかりと見極めることは今回特に大切で。。
またコメントをと存じます。


Re: さぁ 選挙 4 三四郎 - 2014/12/11(Thu) 15:45:10 No.80487
『民主主義は死んだ』と、またぞろあっち側メディアは申しておるそうですな。要するに「国家機密保護法」が施行されたかららしいんですが・・・・確か彼らは、同法が国会を通過した時も同じように騒いでいましたっけ?一体何度「民主主義は死んで」いるんでしょう?

 それはさておき・・・・ではこの上又、今般の衆議院選挙で自民党が大勝したら「民主主義は死んだ」だの「投票率は低いんだから」とか何とか、難癖をつけるつもりなんでしょうかね?


Re: さぁ 選挙 4 ナポレオン・ソロ - 2014/12/11(Thu) 22:55:25 No.80488
>>『民主主義は死んだ』と、またぞろあっち側メディアは申して
その原因が、12月10日の特定機密保護法の発効にあるのなら、彼ら自身の過去の疚しい業績が是から詳らかに暴き出されるからでしょう。 民主主義は死んだのではなく、蘇ったと云うべきで、死ぬのは彼らであることは明白です。

 例えば、北朝鮮の工作員2名を検事として出演させた模擬裁判で、先帝陛下に死刑判決を下した番組をNHKのETVで放映したが、その番組の制作段階での北朝鮮工作員を出演させるに至った経緯やその背景等、朝日新聞が相当に関わっていることが予想されます。 もぅ10年くらいも前の話ですが、公安は勿論、継続監視をしていると思われます。 是から如何なる驚くべき売国ぶりや反国民ぶりが暴き出されるか、楽しみです。 戦前なら、ゾルゲ事件でお分かりのように、機密漏えい経路やその内容が、国家転覆や国民の生命を脅かす事に繋がるような成分があれば、「死刑」も有り得る処、それにしても最高刑懲役10年は軽すぎですね。

 尤も、戦々恐々なのは、マスゴミではなく政治家が本命ですよね。 殊に、民主党の枝野の様に、所謂、旧過激派「=狂信的政治集団で、殺人や傷害の前歴者集団」の革マル派から資金援助を受けていた=彼らの代弁者として政治活動を期待されていた政治家は、当選も危うくなっている事くらい自覚して居るでしょう。 他にも民主党には、中核派の金庫番であった辻元清美等も居て、公安のウォッチ対象者の範疇にある事は間違いないでしょう。 円より子だの、小宮山洋子だの、岡崎トミ子だのと民主党には、売国実績のある多士済済の態ですから、何人当選できるかは、何人遺せるかと言い換えた方が正確ではなかろうか。

 勿論、在日朝鮮人による国内国を形成している、旧総連、民団の代弁者である社民党にも管氏の目は厳しいと思います。 殊に、沖縄は唯一社民党が優勢な選挙地域ですが、「日本を見切る」つもりがあるようで、これまた公安の重要監視対象になっている筈です。

 残るは生活の党と共産党ですが、是も外国勢力の資金が流入している可能性が高い。 共産党の場合、新聞購読の強制=寄付の強制に当たる可能性がある。

 特定機密保護法の趣旨は、「売国を許さない」と云う事ですから、青くなっているのは、身に覚えがある売国奴であると云ってよろしいでしょう


Re: さぁ 選挙 4 正論読者@管理人 - 2014/12/12(Fri) 08:05:18 No.80490
三四郎さん、ナポレオン・ソロ さん、ありがとうございます。

>彼ら自身の過去の疚しい業績が是から詳らかに暴き出されるからでしょう。

同感でございます。そして我国もようやく通常の〜へ、ということでしょう。
選挙戦もいよいよ終盤ですが、以下また産経系報道よりそのままひとつ。

http://www.zakzak.co.jp/society/politics/news/20141211/plt1412111140001-n1.htm

>「安倍晋三首相(自民党総裁)ら与党幹部が「敵将討ち取りのチャンス」とばかり、続々と選挙区入りする現状に、「嫌がらせだ」と弱音も。寒空の下、絶叫演説で反転攻勢を図ろうとしているが…」
>「自民党では公示前から、安倍首相をはじめ、菅義偉官房長官、谷垣禎一幹事長、かつて東京1区を地盤としていた与謝野馨元財務相ら幹部や有力者が続々と山田氏の応援に入る“頂上作戦”を展開している。批判ばかりで具体的な対案を示さない民主党代表の追い落としを狙っている。」

等々、たしかにこの選挙区はまさに要注目の代表、ということになりましょうか。それから、最近上位ランキングのサイトからまた一つですが、やはり選挙戦ということもありいろいろあるようです。。「日本共産党、選挙カーの対応を謝罪 倒れた女性を前に演説を中止せず、救急隊に通報遅れる 目撃者「真ん前やで。倒れてんの丸見えやのに」」

http://samurai20.jp/2014/12/aka/

>ネット上で騒ぎになり、やっと謝罪。
事件が起きたのは6日のことである、そして謝罪は11日。
「黙っていればスルーできるかもしれない」と、
>これが他党であればどうだったか?

等々、ご判断お任せですが、いろいろ詳細に経緯等が出ておりますので。


Re: さぁ 選挙 4 三四郎 - 2014/12/12(Fri) 14:27:26 No.80492
>管理人様
 日共の騒動については、私もネットで知りました。普段は「人に頭を下げるなんて死んでも嫌だ」と思ってる連中が珍しく(言い訳がましくながらも)ホームページで謝罪をしたなんて珍しいですよね。余程彼らも慌てたんでしょう。
 それにしても日頃から「国民こそ主人公」だなんて、御大層なキャッチフレーズを流しておきながら、いざとなると本音(党こそが主人公)が丸出しになってしまう訳ですな。
「隠すより現れる」とは、よく申したものであります。


Re: さぁ 選挙 4 ナポレオン・ソロ - 2014/12/12(Fri) 16:42:10 No.80493
>>共産党の対応
 おやおや、是で「国民主権」だの、「国民が主人公」だのが、題目だけの嘘八百であることを自ら証明してしまいましたね。 政治主張が何であれ、目の前で起こった、喫緊を要する市民の窮状を「黙って看ていたダケ」の集団に、「民衆の味方」は名乗れないでしょう。

 選挙戦も最終盤と云うのに、致命的な大失態と云っても宜しいでしょうね。

 曰く「野党でブレないのは、日本共産党だけ」とは、然り、戦前も戦後も庶民の敵である事は、ぶれてない。

 突発事や緊急事態に対応できないのは、想定外だからだろうが、シナリオ通りでなければ動けないと云うなら、突発時だらけの政治、外交、防衛の一つとして任せられるとは思えませんね。 主張しているのは、美辞麗句だけで、云わんとする事の欠片も本質が全く分かっていないのと同義である事は、周りから見ていれば一目瞭然でしょう。

 これで共産党は脱落ですね。 当選者数は1桁の恐れあり。


Re: さぁ 選挙 4 正論読者@管理人 - 2014/12/12(Fri) 22:36:29 No.80495
三四郎さん、ナポレオン・ソロさん、ありがとうございます。

>余程彼らも慌てたんでしょう。
 それにしても日頃から「国民こそ主人公」だなんて
>是で「国民主権」だの、「国民が主人公」だのが、題目だけの嘘八百であることを

まったく同感でございます。一般論的となりますが、ご指摘のように「党こそ主人公」は共産党の本質、ということを改めて認識すべきということでありましょう。選挙戦もいよいよ終盤ですが、以下はまた産経系からで、

http://www.zakzak.co.jp/society/politics/news/20141212/plt1412121140003-n1.htm

○○効果等々、いろいろ言われますが、とにかく今後の我国の方向、戦後からの〜の可否につながる大切な選挙です。再度となりますが、この数年間をよく思い出しながら投票を、ということでしょう。


Re: さぁ 選挙 4 三四郎 - 2014/12/12(Fri) 23:19:54 No.80496
極めて私的なお話で恐縮でございますが、我が家は私を除いて有権者が二人(つまり両親)おります。私は二十歳で選挙権を持ってからこっち、様々な選挙を経験してきましたが、これまで家族の間で「誰に投票したか」をお互いに話した事は一度もありませんでした。こちらから聞いたこともありません。

 私は保守ですが、両親はどちらかというとリベラルですから、おそらく違う候補者に投じていることは明らかなのですが、流石に二人とも誰に投じていいか、少しばかり迷っているようでした。
「共産党は入れたくないし、さりとて他の党も・・・・」と、珍しく父が申します。恐らくあの調子ですと、民主党に投じるつもりでいるんでしょう。(私の選挙区には社民党の候補者がいませんからね)要するに、事ほど左様に、今般の選挙は野党がだらしないということなんでしょう。


Re: さぁ 選挙 4 古本屋の常連 - 2014/12/13(Sat) 01:17:25 No.80497
>日本共産党、選挙カーの対応を謝罪 倒れた女性を前に演説を中止せず

似たような、というか延長線上にあるとおもわれるものはいくつかある様です
http://hosyusokuhou.jp/archives/41772713.html
浜川ゆりこ比例候補、吉良よし子参院議員、田中かつひこ候補が点字ブロックを塞ぐ

さらに大渋滞のバイパス道路を避けて歩道をひた走る選挙カーも。
http://up3.viploader.net/news/src/vlnews080331.jpg

議員になるまえに大人になりましょうよねぇ。。。


Re: さぁ 選挙 4 正論読者@管理人 - 2014/12/13(Sat) 06:20:16 No.80498
三四郎さん、古本屋の常連さん(ご紹介も)、ありがとうございます。

>今般の選挙は野党がだらしないということなんでしょう

政府与党の政策を批判し、それに代わる対案を国民にアピールすることが本来の野党でしょうが、ご指摘のように今般の選挙ほど、まったくそうしたものを出すことができずに単なる揶揄、当てこすり等々に終始しているケースは、、と感じます。やはり有権者をバカにしているということではないかと。

>似たような、というか延長線上にあるとおもわれるものはいくつかある様です

感謝です。

>「浜川ゆりこ比例候補、吉良よし子参院議員、田中かつひこ候補が点字ブロックを塞ぐ」

画像アップされておりますので、ご覧ください。やはりその本質が、ということで。ここへきて、また卑劣な妨害も出てきているようです。。以下はヒットしたものからですが、次世代〜女性候補のポスターがビリビリに。。

http://www.honmotakeshi.com/archives/42341402.html

ひどいものです。。
それから、いよいよ、、ですが、以下はまたランキングサイトからそのまま。やはり秋葉原とのことで、

http://migigimi.blog.fc2.com/blog-entry-648.html

>「安倍総理の選挙戦最終日はやっぱり秋葉原っ!…雨でも雪でも、選挙へ」

自分はもう済ませておりますが、皆様、ございますように明日は必ず選挙へ!


Re: さぁ 選挙 4 三四郎 - 2014/12/14(Sun) 19:28:54 No.80504
 私もつい3時間ほど前に投票を済ませて参りました。十分「ここならばなんとか」と感じる党と人に入れました。
 投票所の前には、どこの団体かは分かりませんが、出口調査のようなものが来ていました。しかしあれって、出てくる人に必ず聞いている訳でもないんですね。私は無視されてしまいました。そう考えると「人を見て聞いているのかな?」なんて、いらんことを考えてしまいましたが(苦笑)


Re: さぁ 選挙 4 正論読者@管理人 - 2014/12/14(Sun) 22:13:24 No.80505
三四郎さん、ありがとうございます。

既に出ておりますように、東京1区は^^


Re: さぁ 選挙 4 古本屋の常連 - 2014/12/15(Mon) 00:15:42 No.80508
しかし、朝日新聞はみっともないですね。
結論を先に決めて記事を後付するからヘンテコになる。しかも結論はあくまで自分の好みという。
こちら。
http://www.kimasoku.com/archives/7974706.html

今日の朝日
『■決める道具ではなく
いったい何を選べというのか。そもそも自分が一票を投じたところで、いったい何が変わるのか。
民意は数の多寡だけではかられるべきものではない。1990年代の政治改革以来、多様な民意を反映させることよりも、「決める」ことこそが政治だという政治観が広がった。
政治家も、有権者も、民意というものへの感受性を鈍らせ、勝ち負けを決めるための、ただの「道具」のようにとらえる向きがあるのは、おかしい。「私たち」は道具ではなく、この国の主権者である。自信と誇りをもって、自らに代わって議する者に、意思を示し続けなければならない。
http://www.asahi.com/paper/editorial.html

『2009年の朝日
民主圧勝 政権交代―民意の雪崩受け止めよ
小選挙区制のすさまじいまでの破壊力である。民意の劇的なうねりのなかで、日本の政治に政権交代という新しいページが開かれた。
それにしても衝撃的な結果だ。小選挙区で自民党の閣僚ら有力者が次々と敗北。麻生首相は総裁辞任の意向を示した。公明党は代表と幹事長が落選した。代わりに続々と勝ち名乗りを上げたのは、政治の舞台ではほとんど無名の民主党の若手や女性候補たちだ。
http://megalodon.jp/2009-0831-1416-45/www.asahi.com/paper/editorial20090831.html(魚拓) 』

こうした自己中オナニーを印刷してばらまいている時点で朝日は失格です。


Re: さぁ 選挙 4 正論読者@管理人 - 2014/12/15(Mon) 06:28:57 No.80509
古本屋の常連さん、ご紹介等ありがとうございます。

>結論を先に決めて記事を後付するからヘンテコになる。しかも結論は
>『2009年の朝日
民主圧勝 政権交代―民意の雪崩受け止めよ

感謝です。改めてとなりますが、彼らの言う民意?、はっきり連中の願望と表現すれば。。やはり、もはや「メディア」の名にすら値しない実態ということかと。それにしましても、、
皆様既にご承知の通り、今般の選挙は安倍自民の圧勝となりました。自民は大台には届かなかったものの、前回ほぼ同様、例の自民候補による「比例は○○党へ」選挙協力等々や定数減からすれば、「与党」としては公示前維持〜、安倍長期政権への信任ということで、例の反日メディアの陰湿なネガキャンにもかかわらず、まずは!というところです。やはり現状において、戦後からの〜、長年の懸案たる憲法改正等々への道筋は安倍さんしか、と改めて感じます。ただ自民でもこの方には、、という議員さんが惜しくものケースがございます。以下、ランキングサイトから一つそのままですが、

http://torakagenotes.blog91.fc2.com/blog-entry-3266.html

>西川京子氏(九州比例,自民)はあと一歩で再選ならず、残念でなりません。西川氏は、不遇の野党時代に当時の民主党政権が繰り出す「外国人参政権」「夫婦別姓」「人権侵害救済法案」などの闇法案に決然と対峙され

西川先生は自分も尊敬申し上げる女性政治家で、まったく、でございます。同サイト主さんコメントのように、今後とも是非、を願います。それから、次世代の党ですが、、準備不足と申しますか、反日側の策謀もあって、ネット環境に親しんでいる方々以外の有権者では、あまり名前も知らない、いわゆる「諸派」くらいに思っていた方も多かったのではないでしょうか。個人的には特に例の「慰安婦」でっちあげ問題や▲関連はじめ、是非再選を、と願う政治家さんがおりましたので、やはり残念です。(変わって)それにしましても、東京1区は民主党の現状、多くの国民の意思を体現した、のように感じます。以下は読売報道からですが、

http://www.yomiuri.co.jp/election/shugiin/2014/news/20141215-OYT1T50030.html

>「「政権を失って2年、国民に成長を感じてもらえなかった結果だ。今一度、反省して出直しが必要だ」と危機感をにじませた。」

出直し??、いえ、もうやめていただいたほうが。それにしても良かったです。例のカン氏は復活、とのことですが。。
それからやはり「革命」標榜日共さんには恐ろしさを感じました。。ややまとまりなくご容赦ですが、今後長期安定政権のもとで、一歩一歩を、そして批判すべきは批判を、と願います。
またコメントを、と存じます。


Re: さぁ 選挙 4 三四郎 - 2014/12/15(Mon) 22:36:31 No.80510
『自民党が強かったから大勝したわけではない。野党が弱すぎたからだ』
『これで(日本は)右傾化へと進む』
 と、これは我が国のあっち側の新聞ではありません。前者が
大陸シナ、後者が半島南のメディアの、今回の総選挙に関するコメントであります。
「野党が弱かったから」・・・・って、自分とこは野党の存在どころか、異なった思想の持ち主さえ認めていない癖に、よく
そんなことが言えますね。
「右傾化」?形ばかりの民主主義で、国を挙げて「右傾化」しているあんたらに言われたくはないものです。

 それにしてもさっき親父が見ていました討論番組・・・・妙な自信を持っちゃってるのは日共だけで、後は「日数が足りなかった」だの「安倍政権が姑息だ」とか、言い訳のオンパレードでしたな。


Re: さぁ 選挙 4 T - 2014/12/16(Tue) 01:12:03 No.80520
杉田水脈先生が当選できなかったのは残念でしたね。
家庭での育児を強調されていた立派な方なのに、今回は議席を失ってしまいました。
フェミニズムの方向に暴走する自民党を誰がとめるのか?
次世代の党には期待していたのですが、議席が激減したのが残念です。


Re: さぁ 選挙 4 正論読者@管理人 - 2014/12/16(Tue) 07:03:42 No.80522
三四郎 さん、Tさん、ありがとうございます。

>前者が
大陸シナ、後者が半島南のメディアの、今回の総選挙に関するコメントであります。

特亜が最も忌み嫌うことの意味、こうしたお笑いにもならない彼らのコメントを逆に私たちもしっかりとその意味を認識すべきかと。さて、その特亜「期待」のミンス党ですが、以下のように、いろいろ今後動きが、の様相のようです。

http://www.zakzak.co.jp/society/politics/news/20141215/plt1412151830021-n1.htm

>それにしても、代表と元首相が比例復活の“イス取りゲーム”を繰り広げるという「あまりに情けない展開」(民主党中堅)は、野党の盟主の姿とは程遠い。

たしかにもはや、、の感すらあるみっともなさで、これは報道もされましたように

http://www.sankei.com/politics/news/141215/plt1412150139-n1.html

>「民主党の議席が増えるのはもはや仕方がない。ならば党執行部を軒並み選挙区で落選させ、求心力を一気に低下させるしかない−。そう思っていた安倍は、調査結果を見て突然顔をしかめた。東京1区は、過去2回の調査で自民党候補の山田美樹が、海江田を大きく引き離していたが、僅差に縮められていたからだ。」

等々、「敵将を〜」の徹底作戦、ということだったと。
戻りますが、それにしましても特亜の反応は露骨です。以下、中共当局のコメントですが、

http://www.sankei.com/politics/news/141215/plt1412150195-n1.html

>「衆院選での与党勝利を受けて憲法改正が取り沙汰されていることに関し、「日本の軍事安全領域での動向は、日本の国家発展の向かう方向や、地区の安全環境に関わることで、アジアの隣国や国際社会から高い関心を呼んでいた」と述べ、安倍晋三首相を牽(けん)制(せい)」

なるほど、ヘイワ憲法が「日中友好」ということで。それにしましても、彼ら自国では「日本の平和憲法に学べ」がどうして言われないのでしょうか。


Re: まさにあってはならないことながら。。 正論読者@管理人 - 2014/12/17(Wed) 07:02:37 No.80526
失礼いたします。
今般の選挙結果に関連して、既にご承知の方もと存じますが、各ネットサイトで「不正」疑惑等がアップされております。
まさに断じてあってはならないことながら、万一ますます疑惑が?であれば、正式な調査等も必要ということになろうかと思います。以下、別スレでもご紹介のランキングサイトからですが、

http://nezu621.blog7.fc2.com/blog-entry-2487.html

ないことを祈りますが。。


Re: さぁ 選挙 4 三四郎 - 2014/12/17(Wed) 10:35:20 No.80528
 民主主義って、別に国民のわがままを押し通すものではないでしょう。それなのに我が国ではまだ理解出来ていない人が随分いるみたいですね。

 やれ、選挙が終わってすぐに「一票の格差が違憲だから選挙は無効だ」と騒いでみたり「雪で寒かったから投票にいかなかった。ネット投票を認めてくれればいい」なんて、変な意見を唱える女性がいたり、安倍首相に対するインタビューで、嫌がらせまがいの質問をして、さすがの首相をキレさせるニュースキャスターがいたり・・・・

 たとえ投票率が低かろうと、一応国民が信任した政権が出たんですから、不満があろうとそれに従うのが民主主義というものでありましょう。


Re: さぁ 選挙 4 パタパタ - 2014/12/18(Thu) 21:07:39 No.80538
選挙の次の日にニュースを見ましたが、前回の選挙を比べて、前回の方が自民の得票は多かっただの、国民の半数以上は自民に入れていないだの、発言していました。
投票率が過去最低になったのもこんな時期に解散したからだと言いたげでした。

投票率35%位の補欠選挙や市長選挙を「無効だ」という話は聞いたことありません。
民主が勝った時、私は支持しないが結果はこうだから仕方ないなと思っていました。


Re: さぁ 選挙 4 古本屋の常連 - 2014/12/18(Thu) 22:45:47 No.80539
>国民の半数以上は自民に入れていないだの
これ、得意のフレーズですよね。
だったら、野党は、ほぼ誰も入れていないといっていい。

NEWS ZEROのおっさんキャスターはもっとひどい(あの、選挙特番で、安倍総理に生放送で無礼を働いた、けしからん奴です)。
選挙結果をどう思うか、というアンケートを取って、結果に不満が4割だった、だからよくない選挙なのだ、と結論付けていました。
いやいや、得票が最も多い政党がある、であれば本来、結果は満足となるはずで、そのねじれはどう解釈するのか、は触れずに、結果の判断に悪い集計が出たと得意げでした。
いやいや、共産が伸びたことに不満を持つ人、民主が生き残ったことに不満を持つ人だっていたでしょうに。完璧に自民が100%にならないかぎり、このニュースゼロのオヤジキャスターの満足する結果は無いことになります。


Re: さぁ 選挙 4 古本屋の常連 - 2014/12/18(Thu) 22:57:30 No.80540
せっかくですので、脱線。
ニュースゼロのキャスターをはじめ、TVマスコミが体たらくであることが、野党をだらしなくしているといっていい。

韓国のマスコミが良い例です。反日を煽り民衆に媚びつつ民衆を教示してやると思いあがっている。たとえば、韓国はアジアのリーダーになる。2008年に日本に追いつき2012年には追い抜くと報道、なんと漫画にしたこの主張は教科書にも採用されました。
http://blog.livedoor.jp/doyasoku2ch/archives/23125206.html
今年、2014年、韓国はどうなったか。
マスコミのいい加減な報道、それを平々凡々と受け入れる国民がどうなるか、韓国は良い事例です。わが日本も、マスコミにあおられてできた民主党が日本になにをしたか。煽った当のマスコミの連中が、民主党を成立させた時の連中と入れ替わっていないことがとても気になります。


Re: さぁ 選挙 4 正論読者@管理人 - 2014/12/19(Fri) 06:23:11 No.80543
三四郎さん、バタバタさん、古本屋の常連さん(ご紹介も)、ありがとうございます。

>投票率が過去最低になったのもこんな時期に

たしかチャンネル桜番組でのコメントにもありましたが、過去、「この時期」の選挙もかなりあったようですね。ちなみに以下はウィキからですが、ここに過去選挙の投票日が出ております。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%A1%86%E8%AD%B0%E9%99%A2%E8%AD%B0%E5%93%A1%E7%B7%8F%E9%81%B8%E6%8C%99#.E5.A4.A7.E6.97.A5.E6.9C.AC.E5.B8.9D.E5.9B.BD.E6.86.B2.E6.B3.95.E4.B8.8B.E3.81.AE.E8.A1.86.E8.AD.B0.E9.99.A2.E8.AD.B0.E5.93.A1.E7.B7.8F.E9.81.B8.E6.8C.99

たとえば、第32回昭和44は12月27日、また37回昭和58は同18日、たしかに今回だけ「この時期に〜」が言われているような。

>>半数以上は自民に入れていないだの
>だったら、野党は、ほぼ誰も入れていないといっていい

本当ですね。今回のミンス等のていたらく、何せ現トップや元首相が落選、トップにいたっては復活もダメ、、こうした民意はそっちのけで。

>NEWS ZEROのおっさんキャスターはもっとひどい

まったく。自分は逆にやはり安倍総理しか、、の認識を強くいたしました。特亜大好き反日メディアにこれだけ嫌われるのということは、つまりは。。

>韓国のマスコミが良い例です
>なんと漫画にしたこの主張は教科書にも採用されました

感謝です。このご紹介で、「韓国は世界とアジアのバランスよい繁栄の先導者」

等々…。。ブラックジョークにもならないような。。

>韓国は良い事例です

ここまでひどくなると、もはや回復不能、を改めて感じます。ご指摘のように、私たち自身も再度注意、反省が必要ですね。


Re: さぁ 選挙 4 ナポレオン・ソロ - 2014/12/19(Fri) 13:00:37 No.80546
 いやぁ、久々に大変に面白い選挙だったと、思いました。
 確かに、次世代の党が議席を大幅に失ったのは、痛いですが、思うに、殆ど石原新太郎の責任だと思いますね。

 次世代の党を含んで現状の野党は。存在意義を示せていないと思います。 その主たる原因は正しい現状認識が全くできていない事です。

 先ず、安倍政権への評価が国際のそれと比べて低すぎます。

 白眉は、ウクライナ問題の展開抑制では無いでしょうか。欧米とロシアの間は、ソチ五輪前に既に火種がくすぶり始めていて、事実、措置五輪の開会式に欧米首脳が欠席すると云う事態になりました。 そのまま放置して欧米VSロシアの2項対立が高まり、五輪後、ロシア正規軍のウクライナ侵攻が始まっていれば、其れこそ日米ともに選挙などやっている場合ではなくなったでしょう。 プーチンに思いとどまらせたのは、独り開会式に駆けつけて会談した安倍さんだと思います。

 国際間の問題では、徹底した功利主義の癖に国家の面子が常にかかって居ると云う認識が無ければ、紛争や事件はすぐさま拡大・激化します。嘗てのバルカン半島のコソボ問題でも、話し合いが有効なうちにどちらかが譲歩すれば、あのような惨劇にはならなかったのです。 どちらも退かないのは、「損して得取れ」は未だしも、日本人の「損して徳取れ」は通じない世界ダカラです。

 欧米VSロシアの図式は、利害の対立が主ですが、措置五輪というイベントの開会式と云うセレモニーへの首脳出席忌避は、或る意味、侮辱行為です。 プーチンは面目を潰されたと感じていたでしょう。 其処へ安倍さんが助け舟を出した事で、プーチンも欧米の言い訳を訊く余裕が出来たと看るべきかと思います。

 次に、アベノミクスですが、甘利さんが、野党のアベノミクス批判を聞いて仰ったように、「では、対案を示して見せよ」と私も云いたい。 3年3か月の間、無策・無関心のママ、放置した「デフレからの脱出」に、民主党に策などある訳が無い。 其れは、他の野党も同じ事。  せいぜいが江田の「議員定数削減」位なモノだが、それは、喫緊の要と国民が望む経済問題に比べれば、いつでもできる枝葉末節な問題に等しい。

 そして、国防問題である。 2015年の朝鮮半島からの米軍撤収開始は、予算から観る日本の軍備の増強や、憲法改正への動きから見る法的整備の進捗状況をわき見しながらの事に成る可能性が高い。 集団的自衛権など、些末的な事で騒いでいる場合ではないのです。 悔しいのなら、独り反旗を翻してみたらドゥだろうか? やるなら、米国が黙って看て居る範囲は厳しく限定されている、と心得ておいた方が良いと思う。

 外交・内政・軍事、何れを採っても、現状の第三次安倍政権を凌駕するような能力を期待できる人材を持つ政党が居るか? と云えば、野党自身が居ない事を認めて居たのが、今回の選挙だった。 つまり、最初から結果は見えていたのでした。 ダカラ民主党は62→73と議席を増やし、維新は42→41と善戦したのに、橋下は「完敗でした」と認めたのです。

 そして、この先は、日本が軍隊を持つ独立主権国家としていかに振る舞うのか、如何なる心得、覚悟で臨まねばならないかを等しく国民の課題としなくてはならないのです。 其れを考えれば、次世代の党の存在は貴重なモノだったと思います。 
 


Re: さぁ 選挙 4 パタパタ - 2014/12/19(Fri) 15:37:28 No.80547
>民主党に策などある訳が無い。

1ドル76円、平均株価8600円でしたね。
最近知ったのですが、鈴木宗男の娘が民主から出て比例復活当選していたのです。しかも2回目の当選だそうで。父親は有罪判決で選挙に出られない。だから娘を議員にして少しでも影響力を、と言う事か。あと少しで公民権は復活するようなので親子で議員をするつもりなのか。
民主もだらしない。そんな者突っぱねたらよいのに。

七光>>>>(本当の意味での)女性の活躍、という現実を見せつけられました。


Re: さぁ 選挙 4 正論読者@管理人 - 2014/12/20(Sat) 05:58:15 No.80550
ナポレオン・ソロさん、バタバタさん、ありがとうございます。

>次世代の党を含んで現状の野党は

次世代〜の(家族施策含め)政策等から、本当に残念ではございますが、やはり戦略ミスと申しますか、戦い方の問題ということでしょうか。同党の「国思う」議員の方がいなくなってしまうこと、重ねて残念です。

>独り開会式に駆けつけて会談した安倍さん
>其処へ安倍さんが助け舟を出した事で

これはチャンネル桜番組等でもコメントがでていたようでうが、安倍総理の(良い意味での)「したたかさ」はやはり想像以上、、のように感じております。いわば米国の属国状態であった「戦後」からの〜を、特に外交安全面等々でなんとなく?感じている国民層はかなり多いのではないかと。おそらく、海外では、国内よりはるかに彼への評価が両面から?高いということでしょう。

>現状の第三次安倍政権を凌駕するような能力を期待できる人材を持つ政党が居るか? と云えば、

ご指摘の通りのように思います。

>>民主党に策などある訳が無い。
>1ドル76円

K国等にしてみれば、まさに春、だったわけです。以下はまた産経系からですが、やはりあまりにも数々の「負の遺産」だった、ということで。

http://www.zakzak.co.jp/society/domestic/news/20141219/dms1412191523020-n1.htm

>「東日本大震災後の失政が続き、菅氏は当時、与野党から退陣を迫られていた。同制度の根拠となる特別措置法の成立を首相辞任の条件に挙げ、「俺の顔をみたくなければ、早く法案を通した方がいい」とうそぶき、」

まだ政治家をお続けのようですが、、



[80491] あんたらに言われたくない 投稿者:三四郎 投稿日:2014/12/12(Fri) 14:22:02 No.80491 [返信]  
『日本人は不都合な歴史と向き合うべきだ』
 と、これは来年に公開される米国の女優、アンジェリーナ・ジョリーが監督した映画に対する我が国の反応を批判した米国のネットユーザーの言葉だそうです。
 その映画というのは、大東亜戦争中に皇軍の捕虜になり、虐待や拷問を受けたとされる元米兵の実体験を基にしたものらしいんですが、これに我が国の「右翼団体(と、あちらでは認識されている)」が「ありもしないことを捻じ曲げて描いている」「アンジェリーナ・ジョリーは人種差別主義者だ」と、抗議の声をあげた事に対する反論だというのであります。

 私はその映画とやらを見ておりませんし、仮に我が国で公開されても、見るつもりもありませんので、どんな内容だろうとさして関心はないのでありますが、
『不都合な歴史と向き合え』なんて、米国人は実に思い上がった考えですね。

 大東亜戦争中、我が国の主要都市に無差別爆撃を行い、多くの民間人を虐殺したのはどこの誰でありましょう?原子爆弾という大量破壊兵器を二発も投下して、30万人以上の民間人を虐殺したのは、どこの国でありましょう?

 これらの事実には目を向けないで(むしろ『平和を取り戻すためだ』なんてそっくり返ってさえいます)、我が国に対してだけ『不都合な歴史に目を向けろ』なんて抜かす奴らに、偉そうに歴史を語って欲しくありませんな。



Re: あんたらに言われたくない 正論読者@管理人 - 2014/12/12(Fri) 22:13:06 No.80494
三四郎さん、ありがとうございます。

>『日本人は不都合な歴史と向き合うべきだ』

これはそのまま、「米国人は〜」と言い換えるべきですね。

>原子爆弾という大量破壊兵器を二発も投下して、

まさに、です。これにつきましては、自分が感動しました動画を一つ。「【遠くの声を探して】日米の勝負は未だつかず、出光佐三の示した民族の気概」

https://www.youtube.com/watch?v=sF_K4eqF9No&list=UU_39VhpzPZyOVrXUeWv04Zg

是非ご覧ください。本当にそうした気概を堅持するべきかと思いました。以前も申しましたか、かれらこそが大量虐殺そして酷い性犯罪の歴史、ということだと思います。


Re: あんたらに言われたくない ナポレオン・ソロ - 2014/12/13(Sat) 12:27:25 No.80500
>三四郎さん。ソロです。
>>『不都合な歴史と向き合え』なんて、米国人は実に思い上がった考えですね。
 そうですね。 管理人さんもご指摘の様に、カーチス・ルメイが始めた「都市、う差別爆撃」は、明らかに民間人虐殺を意図して居るか、禁忌とはしていない様子が明らかです。 しかも、是が計画的に行われた証拠が、20年2月に行われたドレスデン空襲でしょう。 この空襲で4万人(一説には10万人超)の市民が、死んでいますが、その死因の大半が、新開発した数種類の焼夷弾によるものです。 そして、翌3月10日に、東京の夜間空襲を行った時は、300機のB29の対空火器をすべて外して積めるだけ(ペイロード9トン)の焼夷弾(発火装置が付いたガソリンの筒)で、先導する,6機のパスファインダー機に従って、両外縁を始めに各々100機が、そして火災が十二分に行き渡った真ん中部分を残る100機が爆撃しました。 つまり、外縁の爆撃から逃げ出した人々が、真ん中の地域に集まって来た処を狙っての爆撃ですから、是は完全に効率的な「計画殺人」行為以外の何物でもありません。

 つまりは、ドレスデンで新型爆弾の性能実験を行い、その結果を用いて、日本の焦土作戦、否、ホロコースト作戦を実施したと云うべきです。

 そして、極め付きが原爆投下です。

 その間に、日本に対する降伏勧告は、「無条件降伏」以外一切行っていません。 端から日本民族を全滅させるつもりだったと看る他はないのです。

 米国の不必要な虐殺行為で、日本本土で凡そ50万人の民間人が死にました。 「リメンバーパールハーバー」と云いますが、真珠湾空襲で死んだのは殆ど軍人ですし、数も2千人未満です。 何処が「正義の戦争だった」と云えるのでしょうね。

 こう云う事績だけ見れば、私には、米国人は、復讐心の強い、無反省な自これ等の己中心主義者集団にしか見えませんし、異文化を理解も尊重も出来ない、自己優越感で凝り固まった差別主義者の成分が、白人種達の心の奥底に潜んでいる様に、恐怖感と嫌悪感しか覚えません。

 アンジェリーナ・ジョリーは、只のアクション映画の一介の女優にすぎません。彼女の言動には、歴史に対する無知以外に、戦争とう云う極限状態を全く理解できていない無教養さがにじみ出ていると感じます。

 いかなる歴史認識を持っているかは知りませんが、確かに米軍が戦闘終了後の島嶼で犯した民間人虐殺や暴行の様は、殆ど隠蔽されています。 然し、日本を公的に非難したいのなら、先ずはその隠された歴史を知るところから始めたらいかがでしょうか。

 否、簡単です。 朝鮮戦争で洋公主問題と云うのがありますので、其処に書いてある通り事が、戦前のフィリピンやナチス掃討後の欧州や南洋の諸島で、そして日本本土で、更には、朝鮮戦争時も、そしてベトナム戦争時も、米軍によって如何なる民間人暴行・虐殺が行われたと云うことを認識していただければよいのです。 それに対し、当時は日本兵だった朝鮮人兵士が、香港でフィリピンで何をしたのかを非難すればよろしいのです。 規模や回数を比べてみるべきですし、一体、こうした暴挙を許す社会はいかなる社会か? そして、その社会性が一朝一夕に直るものなのか? それらを考えて、誰が真に反省すべきなのかも考えてみたらどぅでしょう?

 真に人類として恥ずべき事をしたのは、一体誰なのか? 知るにつれてその顔が赤くなり、青くなった後に、いかなる言葉を発するかを、是非聴いてみたいものです。


Re: あんたらに言われたくない 三四郎 - 2014/12/13(Sat) 21:03:15 No.80503
>ナポレオン・ソロ様、管理人様、どうも有難うございます。

 米国が皇軍による捕虜虐待云々を言うのであれば、彼らはさしずめ自分達は「人道的に扱った」と主張したいのでありましょうが、残念ながらそうではありません。

 かのチャールズ・リンドバーグの回顧録にもある如く、連中は皇軍の捕虜を殆どとりませんでした。これは何を指しているかと申しますと、英語が少しでも話せる者や、重傷を負っている者を除いて、大半はその場で殺してしまったのです。
 米兵ではありませんが、豪州兵によって輸送機から突き落とされた捕虜もいたそうですし、遺体はゴミと一緒に埋められ、金歯など金目のものは奪い取り、頭がい骨やその他の骨を土産にし(ペーパーナイフにしたと言われています)、甚だしいのになると、自分の母親に遺体から切り取った耳を「戦果」として送り、母親はまたこれを「息子の手柄」として、自宅のドアに飾ったというんですな。

 勿論、これらが全て事実だとは限りません。話半分かもしれません。しかしまったくウソでもないでしょう。


 また、これは空襲の話で、実際に私の母親が体験した出来事であります。学校からの帰りに、友人と二人で歩いていた彼女は、通称「双胴の悪魔」と呼ばれた、ロッキードP−38に機銃掃射を受けたのです。すんでのところで助かりましたが、彼女曰く「乗っていたパイロットが嗤っているのが見えた」そうですので、超低空で襲ってきたのは間違いないでしょう。また、こちらが相手の顔を確認できたという事は、相手側もこちらを認識して攻撃をしてきたのは、おそらく間違いないと思います。要するに「非武装」の「婦女子」であろうがなかろうが関係なく、です。

 これらの事から、私なりに推論してみますと、彼らは日本人は軍人だろうと、一般市民であろうと、同じ「人間」とは認識して居なかった、つまり「猿」と同程度だと考えていた、という事であります。

 我が祖先である皇軍が戦ったのは、飽く迄も「米国の軍人」です。しかし相手はこちら側すべてを駆逐しようと考えたのでしょうね。
 繰り返しになりますが、アンジェリーナ・ジョリーの映画がどんなものか知りませんし、また、知りたくもありません。しかし彼らの根底にはいつもどこかしらこうした「敵に対する容赦ない残虐さ」が存在しているのだ・・・・・といったら、いささか言い過ぎになるでしょうか?


Re: あんたらに言われたくない りょーさん型 - 2014/12/14(Sun) 22:55:28 No.80506 HomePage
戦いはまだ終わっていないのでしょうか。映画という武器で、民間人も含めた我々全員に対し、容赦ない残虐な攻撃はまだ続いているのでしょうか。

Re: あんたらに言われたくない 三四郎 - 2014/12/14(Sun) 23:58:03 No.80507
(連投失礼致します)
>りょーさん型様
 米国人は、戦争映画が好きですね。そして、それらによって自らの行為の正当性を描いているものが多いように思います。
 戦争というものは、どちらかだけが正義で、どちらかだけが悪ということは絶対にあり得ません。それが戦争というものでありましょう。

 この点について私の母親などはよく「あの国は自国が敵に攻められて爆弾を落とされたり、砲火に脅えて暮らしたという経験がないからね。どこか戦争を他人事のように考えているんだよ」と申します。彼女の考えは、正解ではないにしろ、間違ってもいないように思います。


Re: あんたらに言われたくない 正論読者@管理人 - 2014/12/16(Tue) 06:31:54 No.80521
ナポレオン・ソロさん、三四郎さん、りょーさん型さん、ありがとうございます。

>ドレスデンで新型爆弾の性能実験を行い、その結果を用いて、日本の焦土作戦、否、ホロコースト作戦を実施したと云うべきです。
>然し、日本を公的に非難したいのなら、先ずはその隠された歴史を知るところから始めたらいかがでしょうか。

これらご指摘に同感でございます。決して、特亜のようにでっちあげ宣伝ではなく、それこそ「過去の歴史に正面から向き合う」ことを行うべきであり、逆に「日本軍性奴隷」はじめまっかな嘘を批判検証していく過程で、そうした機会を拡散していくことが必要ということでしょう。以前にも申しましたことの繰り返しとなりますが、そもそも彼らの「フロンティア」しかり、あるいはかつてのハワイ等々、虐殺収奪の歴史ということです。

>かのチャールズ・リンドバーグの回顧録にもある如く、連中は皇軍の捕虜を殆どとりませんでした。

これも御指摘の通りです。ちなみに以下はウィキからですが、かなりショッキングな画像もアップされておりますのでご注意を。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%B1%B3%E8%BB%8D%E5%85%B5%E3%81%AB%E3%82%88%E3%82%8B%E6%97%A5%E6%9C%AC%E8%BB%8D%E6%88%A6%E6%AD%BB%E8%80%85%E3%81%AE%E9%81%BA%E4%BD%93%E3%81%AE%E5%88%87%E6%96%AD

>「ライフマガジン誌は1944年5月22日に、アリゾナで勤労動員されているアメリカ人女性が海軍将校のボーイフレンドからプレゼントされた「日本兵の頭蓋骨」トロフィーの横で手紙をしたためている画像を配信」

その写真画像も「有名」ですが、あまりに、、ご紹介等は差し控えます。

>映画という武器で、民間人も含めた我々全員に対し、容赦ない残虐な攻撃は

少なくとも、一部一定割合の米国人は、今なお露骨な人種差別偏見が抜けていない、、ということのように感じます。最近では黒人青年射殺に係る抗議行動等が伝えられておりますが、他にも最近のもので、

http://www.afpbb.com/articles/-/3013721

>「スターリング氏は「黒人と一緒の写真を公開するなんて、ひどく不愉快だ。その必要があるのか?」と述べていると」

等々。私たちの想像を超える根深いもの、ということではないかと。


Re: あんたらに言われたくない ナポレオン・ソロ - 2014/12/16(Tue) 08:22:01 No.80523
 ソロです。 お早うございます。
>>自国の歴史に向き合う
 つまり、「正しい歴史、真実の歴史を知り、その国の未来への糧とせよ」と云う事ですよね。 日本は自身に厳しく、否、厳しさが過ぎて自虐的で、恰も先人の名誉を恣意的に無視したかの様な、「歴史解釈」を、公正中立を護るべき立場の学究の徒から、提示されてきました。

 戦後の歴史教育を受けた日本人達は、そう云う自虐歴史観から抜け出す歴史事実を自ら発見する体験を経なければ、覚醒どころか、示された歴史物語に疑問を持つ事すらできないレベルに止まり、とても真実の歴史に辿り着くには至らない。 という現状に在ります。 歴史に興味が湧かない人々は何をかいわんや。

 我々は、これら「曲学阿世の徒」を焙り出し、実名を挙げて、彼らの「業績」を点検・批評して、世の覚醒を図らねばン、真の日本を知り、真の日本人精神を取り戻すことにはならないと思います。

 米国社会、否、欧州社会には、アンジェリーナ・ジョリーのレベルの白人層は、カナリの数が存在する事が容易に想像できます。 勿論、未だにKKK団と云う、人種差別を公然と肯定し、且、故なき虐殺を「権利」と思い込む様な狂気の集団が社会に存在している米国社会の病は、米国人自身が深くその危険性と恥ずべき実態を認識すべきでしょうが、日本の歴史歪曲の原因の一つに、是亦、戦後一貫してWGIPへの協力を意識した日本政府の言動抑制にあると申せましょう。

 其処には、WGIPの趣旨である日本精神の意図的遮断が込められていると云ってよいでしょう。そして、この状況を具現せしめたのも、GHQの後援を宛てに、自らの栄達や出世目的に施策に迎合した戦後日本の知識人、教育関係者である事は論を俟ちません。 彼らの教育現場や社会での出版活動での売国的協力が無ければ絶対になしえない施策だからです。

 然し、その当事者世代の多くは既に鬼籍を得ているのです。 彼らの業績の売国偏向度は、「如何に、日本の伝統や精神を汚し、貶めて来たか?」で測れば、一目瞭然です。

 そう云う試みが是から起こってくる事を私は期待しています。


Re: あんたらに言われたくない 正論読者@管理人 - 2014/12/17(Wed) 06:31:28 No.80525
ナポレオン・ソロさん、ありがとうございます。

>そう云う自虐歴史観から抜け出す歴史事実を自ら発見する体験を経なければ
>我々は、これら「曲学阿世の徒」を焙り出し

そうですね。冷静に粛々と、戦後どのような勢力がどのような「史観」をこしらえ工作してきたのか、これを点検批評する段階にきています、いえ待ったなしで行うべきでありましょう。これは先の大東亜戦争等の経緯結果のみならず、我国の社会文化全般に係ることであることを改めて認識すべきでしょう。以前から出ていることでございますが、戦前の我国では女性一般は「家制度」で虐げられ、戦後「民主化」で解放され?、、これは▲過激フェミが宣伝してきた「女性史」そのものでもありますが、本当にそうだったのか、、ということだと思います。

>否、欧州社会には、アンジェリーナ・ジョリーのレベルの白人層は、カナリの数が存在する事が容易に想像できます。 勿論、未だにKKK団と云う、人種差別を公然と肯定し、且、故なき虐殺を「権利」と思い込む様な

これもご指摘の通りでありましょう。
>「KKKの全国的な影響力は大幅に低下したものの、その後も形を変えて細々と生き長らえ、現在もなお幾つかの分派が活動を続けている」(ウィキより一部)

等々とありますが、「潜在的」な勢力は現在も相当数、ではないでしょうか。。以下は、以前よりご紹介している自分も時々読ませていただいているランキングサイト内容からやや以前のものを再びですが、「公正な世界を目指して戦った日本」

http://nezu621.blog7.fc2.com/blog-entry-642.html

>「フロント係の毅然とした態度に、デュボイスは、これまでの白人支配の世界とは違った、新しい世界の幕開けを予感したといいます。」

先人の方々の努力や姿勢、、こうしたものをもしっかり学ぶべきだと感じます。


Re: あんたらに言われたくない ナポレオン・ソロ - 2014/12/18(Thu) 14:30:59 No.80534
先人の方々の努力や姿勢、こうしたものをもしっかり学ぶべきだと感じます。
 そうですね。 今、NHKの朝の連ドラでやっているのは、竹鶴政孝・リタ夫妻が、国際結婚をして、「日本で初めてのウィスキーを作る」事を主題とする二人三脚の実話を基にしたモノですが、劇中の亀山エリーこと、リタ夫人が、価値観も、人種も、風俗も違う日本に馴染もうと奮闘努力する中、直面する問題で湧き上がる基本的な人間としての悩みや怒りを已むに止まれぬ形で表現する処に、このドラマの価値があるように感じています。

 現在の話の中心である、エリーの流産事件で「日本では、子を産めない女は不要に扱われる。 子が産めないことを理由に離縁される事もある」と云う話が出てきますが、本当でしょうか?

  跡継ぎが是非必要な理由のある、高家の家柄や資産家レベルならそれも致し方無い事でしょうが、それとて「養子を取る」という手立てが考案されていました。 まぁ、庶民層の一部には、右へ倣いでそういう「常識」を揮ったケースもあったかもしれません。

  然し、劇中に在るように、ハッキリとした医学的な理由で、「産めない体」と判定できるようになったのは、少なくとも明治以降でしょう。 其れまでは、流産しなかった為に、逆にお産で母子ともに亡くなるケースが多かったのではなかろうか。 

  離縁の理由である「石女(うまずめ)」という言葉は、妊娠しない、妊娠しても流産し易い場合を指し、「なかなか子が出来ない」と云う、唯の結果の話が多かったと云う事でしょう。 前者について云えば、男の側に責任がある場合だって含まれているのですし、なんと云っても子供は天からの授かりもの、効率で考えるものではない、という考えも一方ではしっかり存在しています。

  すると、離縁に至ったのは「別の理由」の方が考え易くはないでしょうか。 何も、離縁の理由が「子供が産めない」からではなく、「舅や姑と諍いがあり、家にそぐわない嫁」というのは、いつの世にも有る話で、偶々、「子供が出来にくかった」ので、理由としてこじつけた可能性の方が高いと思います。

  NHKさんに申し上げたいのは、良いドラマを作りますが、時々「紋切型」の「古い日本の常識=因習」として、印象操作をしている処をチラチラ見せるのは、いい加減やめてほしいのです。

  例えば、三行半は、確かに離縁状ですが、逆に「再婚許可状」であった事も併記しないと、本当の歴史事実を語った事にはなりません。 本当に「家長制度が悪だった」のなら、当時の先進の文化人だった平塚らいてうや、与謝野晶子等は、その制度廃止を何故訴えなかったのか?

 我々は、戦後のGHQの恣意によって歪められた、日本社会の近代化運動の中身をもぅ一度、疑ってみる事から始めなければならないと思います。


Re: あんたらに言われたくない 三四郎 - 2014/12/18(Thu) 16:49:26 No.80536
>ナポレオン・ソロ様
>>「日本では、子を産めない女は不要に扱われる。子が産めないことを理由に離縁される事もある」

 またしても出ましたか・・・・前の「花子とアン」でもそうでしたが、脚本家は歴史を勉強していませんね。何だかわざとらしく「現代の価値観で過去を推し測る」をやってるように思います。

 卑近な例で恐縮ですが、私の母方の祖父母の家では、婿養子を貰ったり、婿養子にやったりということを繰り返していました。確かに戦前までは、財産を継げるのは男性、それも長男だけに限られていましたから、そういう手段をとったんでしょう。

 また、江戸時代までは「女大学」という書物にあったように
「嫁して三年、子無きは去る」という教えが残っていたのも事実ですが、少なくとも明治になってからは、そんなことはありませんでした。

 また、我が国だけが遅れていた訳でもありません。欧州の王室や貴族の間でも、男の子が産まれなかったら離婚したり、跡取りを設けるために愛人を作ったなんて話は枚挙に暇がありません。

 最近のNHKは、大河ドラマでも朝のドラマでも、劣化が著しいですね。時代考証や、当時の歴史観や道徳観を無視して、現代を平気で持ち込んで、それで良しとしてしまっているような部分が多々あります。

 この分だと、我が国が一方的に先のアンジェリーナ・ジョリーを責められない気がしてきます。彼女も現代に生きる人なんでしょうし、しかも米国人ですから、米国人的視点でしかものが見られないのかもしれません。それとかぶってしまうと考えるのは、いささか言い過ぎでしょうか?


Re: あんたらに言われたくない 三四郎 - 2014/12/19(Fri) 12:41:45 No.80545
(連投失礼致します)
 戦争と直接関係はないのですが、例えば米国は第二次世界大戦終結後しばらくの間でも、旧ソ連と並んで捕鯨大国でした。
 彼らがほぼ無制限に鯨を乱獲した挙句、その数が減少して、
その結果として環境保護団体や動物愛護団体が騒ぎ始めて、突如「反捕鯨国」に変わった訳です。で、彼らは今でも鯨を捕っている我が国を野蛮人扱いして非難している訳です。

 自分達だって、過去に同様の「野蛮人的行為」を働いていた癖にこれですからね。
 戦争だって同じでしょう。米軍をはじめとした戦勝国が非道を働かなかったことなんて、絶対にありません。それを覆い隠して我が国だけにその責任をおっかぶせようとするなんて、何だかずるいと申しますか、いつも我が国は彼らのこうした手法にやられっぱなしのような気がしてなりません。


Re: あんたらに言われたくない 正論読者@管理人 - 2014/12/20(Sat) 05:28:08 No.80549
ナポレオン・ソロさん、三四郎さん、ありがとうございます。

>何も、離縁の理由が「子供が産めない」からではなく、「舅や姑と諍いがあり、家にそぐわない嫁」というのは、いつの世にも有る話で、
>三行半は、確かに離縁状ですが、逆に「再婚許可状」であった事も併記しないと、本当の歴史事実を語った事にはなりません

たしかにその通りですね。フェミ側から言わせればそれこそ、「暗黒社会」?の江戸期においても、私たちが習ってきたよりずっと女性一般が(今風表現なら)いきいきしていた、、等々も最近では研究、検証されているようですし。

>最近のNHKは、大河ドラマでも朝のドラマでも、劣化が著しいですね

と申しますか、個人的にはこの自称「公共放送」をまったく評価、信頼などしておりません。大河〜といえば、たしかかなり以前ですが「男女共同参画時代劇」等々と揶揄されたものもございましたか。



[80463] 特定国関連 54 投稿者:ナポレオン・ソロ 投稿日:2014/12/09(Tue) 13:52:37 No.80463 [返信]  
失礼いたします。〜53スレも長大化してまいりましたので、直近のご投稿をコピペ、以後本スレにて続行でお願いいたします。

(以下、転載)


Re: 特定国関連 53 三四郎 - 2014/12/07(Sun) 19:28:12 No.80444

>管理人様
>>そり競技は長野で

 ごめんです。そもそも五輪は一国一都市で開催するのが原則でありましょう。第一K国と我が国は陸続きでもありません。
 なのに何故あっちの肩代わりをしてやらねばならないのでしょうか?
 そもそも「出来るから」と立候補して、どんな手段を使ったか知りませんが、自分達で勝ち取ったわけじゃないですか?なら最後まで責任を持ってやって欲しいものです。金が無い、技術がない。施設が無い。というなら、開催自体を返上するべきです。



Re: 特定国関連 54 ナポレオン・ソロ - 2014/12/09(Tue) 14:08:49 No.80464
ソロです。
処が、この要請を受けたJOCの竹田会長は、「前向きに検討させていただく」と、そして地元の長野市も「大歓迎」と云う事の様で、全く学習能力が無いザマを呈しています。

 大体、JOCは、先般行われた仁川アジア大会で、水泳の富田選手が韓国警察の姦策に落ち、JOCはそれを受けて、「よく調べもせず、富田選手を追放処分にした」実績が有ります。 簡単に言えば、「何がJOCの責任かすら、自覚していない」組織なのだと云う事です。 こんな、人時代前の全方位外交の産物であろう「外交お花畑的認識」でしかない人物に、日本の将来のある若い選手を任せてよいモノか、と真剣に思ったものですた。

 で、其の会長が、またもや,(オソラク)よく調べもしないで、前から開催不可能の懸念が前からあった平昌冬季オリンピックの部分開催の片棒を担ぎたいと云っているとはね。   
元皇族の方には失礼かもしれませんが、おまけに、「東京オリンピック迄、共同開催にすればよい」とか言い始めていると云うのですから、エー加減に辞めてくれませんかね。。

そりゃあ、竹田さんにしてみれば、朝鮮族は元親戚にあたるので、友好的なのかもしれませんが、その費用を負担するのは、散々差別的言辞を受けている日本国民だと云う事をお忘れなく。


Re: 特定国関連 54 三四郎 - 2014/12/09(Tue) 14:24:24 No.80466
>ソロ様、有難うございます。

 さて、その件でありますが、K国からは「歴史認識問題などで関係が冷え込んでいる日本で開催するのには反対だと強硬な意見が出ている」そうであります。

 ちょうど良かったじゃないですか。向こうがそこまで嫌ってくれているんだから、こっちが「前向きに検討する」必要なんかありませんよ。それに、仮にこっちが「肩代わり」してあげたところで、連中は感謝なんかしません。却って難癖をつけられるのが関の山です。
 何しろ「恩をあだで返す」「嫌がらせの達人」なんですからね。


Re: 特定国関連 54 正論読者@管理人 - 2014/12/10(Wed) 06:03:09 No.80474
ナポレオン・ソロさん、またご配慮を含めありがとうございます。
了解いたしました。それでは、以後本スレ続行で。三四郎さん、ありがとうございます。

>K国からは「歴史認識問題などで関係が冷え込んでいる日本で開催するのには反対だと強硬な意見が出ている」そうであります。
>ちょうど良かったじゃないですか

はい、同感でございます。本件についての報道を朝さんからですが、

http://www.asahi.com/articles/ASGD863XSGD8KTQ2017.html

>「韓国の朴槿恵大統領は7日、「分散開催は駄目。あれこれ話が出ないよう、全力を尽くしてほしい」と与党議員に語った。」
>「平昌の地元江原道の崔文洵知事も8日、「新設の競技場6カ所全てが着工しており、開催場所の変更は事実上不可能」
と」

ここは、是非同国初の女性大統領に頑張っていただき。。告げ口しまくりの大嫌いな我国と「分散」などしたら、同国の名誉にかかわりますしw


Re: 特定国関連 54 三四郎 - 2014/12/10(Wed) 14:50:14 No.80481
>>「前向きに検討させて頂く」って・・・・

 竹田JOC会長は、一体何故こうもすぐにひよるんでしょうね。分散開催したって、何のメリットもありません。却ってあの国にたかられるだけです。そういえば2002年の日韓W杯共催の時だって、こっちが融通してやった金を、未だに還してくれていないそうじゃないですか?


Re: 特定国関連 54 正論読者@管理人 - 2014/12/12(Fri) 07:51:02 No.80489
三四郎さん、ありがとうございます。
また産経系報道からですが、

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141211-00000075-san-spo

>「■長野、期待どころか「いい迷惑」」
>中嶋君忠副会頭は産経新聞の取材に「改修費を日本側が負担するならいい迷惑だ。韓国が竹島を日本に返すというなら話は別だが」と語った。

等々。改めて、よくもまあ、、ですが、絶対にあちら得意の「困ったときには日本へタカリ」を容認してはなりません。引き続き報道等要注意です。


Re: 特定国関連 54 ナポレオン・ソロ - 2014/12/13(Sat) 11:32:25 No.80499
ソロです。
この問題で一番懸念されるのは、JOCの竹田会長の言動だろう。 丸っきり、戦後の全方位外交そのままの「お花畑的外交」感覚でしょう。 その結果、上手く行ったら韓国の手柄、失敗したら日本の所為、金も人も日本に出させて「只乗り」は、韓国の常套手段である事すら、なんら認識できていないのは、この世代が通底して持っている感覚です。

 02年のサッカーW杯の共同開催で、日本は懲りていなくてはいけない筈。 7000億円のスタジアム建設費を始め、日本が負担した金は1円たりとも帰ってきていない上、後に成って大会委員長の鄭夢準氏の発言で分った事だが、その運営上で、審判員の買収による八百長、偏向ジャッジを行った事を、自慢げに話していたという、非常識さ、モラルの欠如ぶりを示した。

 彼らには、スポーツの神聖さを理解する能力は皆無であると認識しなくてはいけないのです。 彼らにとっては、オリンピックであろうが、W杯であろうが、只の「勝負事」に過ぎないし、名誉は、究極の見栄っぱりが求めている象徴に過ぎない。

 結果、この大会では偏向判定だらけの醜い試合が続き、韓国はベスト4入りしたが、相手をさせられた欧州のフランスやイタリアの選手団に、「2度とこの国でサッカーの試合をしたくない」と言わしめた。 爾来、韓国で欧州のチームがプレィした事はない。

 その彼らが、12年経っても全く進歩していない証拠が、先般行われた仁川アジア大会であろう。 此処でも、結果の実に拘る余り、数多の偏向判定、不正行為が行われ、参加した選手たちを失望、呆れさせた。

 鹿も、水泳の富田選手は、韓国警察の姦策に落ちて「窃盗犯罪者」扱いにされ、JOCは彼を庇う処か、よく調べもしないで、彼を永久追放にしたのです。

 こんな、「選手を護るのが、組織の本分」でもある筈なのに、其れを端から放棄している感のあるJOCに、こういう、巨額の国民の税金を使う決断を任せてよいものだろうか?

 私は、韓国とのあらゆるイベントの共同開催に反対したいし、JOCの組織改革、人選について検討すべきだと思っている。


Re: 特定国関連 54 三四郎 - 2014/12/13(Sat) 19:52:43 No.80502
 何でも今日は、特亜の言う『ナンキンダイギャクサツ』から
77年目にあたるのだそうで、共産シナの習近平が「歴史は変えられない」「30万人が殺害された」と、あてつけがましい演説をしたといいます。

 あの国はプライドだけは山のように高いようですから、今更引くに引けないのでしょうけれど、それにしても「歴史を偽造してるのは一体どっちなんだよ」と言い返したくなりますな。

『ナンキン』については、もうそのウソは既にばれていますから、繰り返すまでもないことなんでしょうが、大体彼らシナの
共産主義者が、これをカードにして、まだ我が国から何か引き出そうと企んでいるとしたら、大きな間違いでしょう。我が国の心ある国民だって、そうそう愚かではありません。政府自民党を批判している勢力の中からだって、覚醒した人は出てきているのです。多くの国民が自分の頭で考えて、誰に命令された訳でもなく主張していることが真実なのでしょう。
 未だに中央政府が何か言って、それで国民を洗脳しようとしている国とは違うのです。

 シナはきっと、恐ろしいのでしょうね。国民が真実を知って、覚醒してしまうのが。


Re: 特定国関連 54 三四郎 - 2014/12/17(Wed) 10:29:10 No.80527
「ナッツ・リターン」・・・・何だか映画の題名のようですが、そうではありません。米国発の大韓航空機内で最近起こった、あるスキャンダルのことであります。

 大韓航空会社の副社長(女性です)が、ファーストクラスでの乗務員の対応・・・・ナッツを袋のまま出したのが気に入らないとかで、大声を出して怒鳴り、挙句動き始めていた飛行機をストップさせて戻させたのです・・・・簡単に言うとこうなのですが、この副社長、実はオーナー社長の娘で、財閥の一族だというんですな。世の中には変な人というのは結構多いようですけど、これもその一つなのでしょうか?

 それにしてもこれで大韓航空という会社の評判はガタ落ちでしょうな。


Re: 特定国関連 54 正論読者@管理人 - 2014/12/18(Thu) 06:07:35 No.80530
三四郎さん、ありがとうございます。

>大韓航空会社の副社長(女性です)が、ファーストクラスでの乗務員の対応・・・・ナッツを袋のまま出したのが気に入らないとかで、大声を出して怒鳴り、挙句動き始めていた飛行機をストップさせて戻させたのです・・・・

まさにK国の実態と申しますか。。前代未聞のトンデモナイ話で、既にいろいろ報道されておりますが、最近の産経系報道から、

http://www.zakzak.co.jp/society/foreign/news/20141217/frn1412171140001-n1.htm

>「客室サービス責任者の男性を降ろして離陸を遅らせた問題で、同社がこの男性に対し、趙氏の行動に問題はなかったと虚偽の証言をするよう強要した疑いが浮上した。」
>「女性乗務員をひざまずかせ、ファイルか本のようなものを投げつけた上、「探しなさいって言ってんのよ!」と大声を張り上げた。責任者の男性も女性乗務員の後ろでひざまずき、許しを得ようとしたという。」
>「責任者の男性は、趙氏から罵倒され、たたかれるなどの暴行を受け、機内から降ろされたと証言。」
>「組織委は先日、予定通り全ての競技を韓国内で行うと発表したが、“ナッツ副社長”問題で、まだ一波乱ありそうだ。」

またやや穿った物言いとなりますが、「指導的地位にある女性」「(男性への)暴力」等々、「国境を越えて」女性が〜を連発するフェミさんたちの「ジェンダーの視点」からの解釈を是非うかがいたいものです。こうしたことになると急に静か、ダンマリでw それにしましても、以前からご指摘のある同国の「身分社会」の酷さのようなものを改めて感じました。支配者の前に跪き、、今現在でも、ということのようです。


Re: 特定国関連 54 ナポレオン・ソロ - 2014/12/18(Thu) 07:43:25 No.80531
 成程「公共物の私物化当然」の感覚は、正に韓国らしい話ですね。 金や社会的な地位を持つと急に、身分が上がって元から偉かった様な気になるのが、韓国人らしい。 「娘の育て方を間違えた」とか、釈明して見せた会長だったが、表向きは大人ぶって、鷹揚に構えているが、裏では巨悪の首魁だったりするし、斯う云う貴族然とした人物こそ、最も危険な人物増と云えるでしょう。所謂、昔日の両班を表向きだけ気取っているだけではなく、裏でやっている事も中世の両班そのものだろう。

 件の女性を庇うわけではないが、40歳で副社長の地位や職責をこなすのは、普通に考えてカナリ重荷であろう。 相手は、ケンチャナヨ精神バリバリの朝鮮人たちである、彼らが放棄やマニュアルをまともに守るとは、とても思えないからだww。

 それ程、大韓航空には人材が居ない、と云う事なら、大韓航空の失態続きの原因は、正に其処にあると云ってよいだろう。 安いからと云って選択するには、万が一の時に死亡率が90%を超す航空機は不適だと思う。

 況や、航空機の特殊性、世界的な順法精神が要求されている事が理解できない人物が、副社長を務める様な航空会社に、自分の命を預ける度胸には畏れ入る。

 私なら、この航空会社だけには乗りたくない。

 


Re: 特定国関連 54 ナポレオン・ソロ - 2014/12/18(Thu) 11:38:09 No.80532
お早うございます、ソロです。
沖縄の知事選、そして今回の衆議院選挙の結果を見れば、「沖縄の日本離れ」があからさまになってきました。 中には、『沖縄独立」あが、沖縄の心だと云いだす人もいる様ですが、沖縄が、日本近海や南シナ海が、日本の生命線であるシーレーンの要衝、に位置する事から考え起こして、日本防衛を考えてみました。
 
。シナ人民軍は明らかに「米国と世界の覇権を競う」と云う野望をベースにいるのでしょうが、現有戦力はスペックだけの「がらんどう」と云う状況なのは、シナの伝統で、いつもの話です。

 例えば空母を持てたと云っても、遼寧はディーゼルエンジン駆動に換装して居るので、少なくとも爆装した重戦闘機が飛び立つのに必要な、30ノット以上の速力を出す事ができません。 然も、発進できる飛行機が限定されるが故に、スキージャンプ式の発進装置は運用面で欠陥があり、その所為で、遼寧のベースとなった空母(ヴァリヤーク)は、原子力エンジン搭載にもかかわらず完成前に放棄されていたものです。 これでは作戦行動に使えるわけがない。 そして、そんな条件下で、離発着艦の訓練を散々やったから、多くのベテランパイロットが海の藻屑と消えてしまいました。 人間を消耗品と考えるシナらしい現象です。

 まぁ、そういう内部事情を無視して、太平洋を線引きするのはシナの勝手です。 日本は「額面通り」に受け取って軍備強化の大義にすれば良いダケの事です。

 只、日本には保守派の中にも 「日本には戦略空母は要らない」と云う人も存在します。 確かに、にーミッツ級の空母の建造費は2兆円ですし、建造期間も10年くらいかかります。 スペック(搭載戦闘爆撃機 87機乗組員 5千人・・)から推定する年間運用費は、出動回数を1回、2か月としても、建造費と同額を見込んで居なくてはなりません、搭載している多量の戦爆団が絶えざる訓練を要するのがその主たる理由です。 日本の年間防衛費の総額が現状4兆5千億円にすぎない事を考えれば、「要らない」と云う声が上がるのは、寧ろ当然でしょう。

 然し、前にも述べましたが、共産シナ相手に「戦争抑止力」の実効面で考えるのなら、どぅしても、戦略空母2隻、ミサイル巡洋艦4隻、イージス艦8隻、対空駆逐艦 8隻 対潜駆逐艦 8隻、強襲揚陸艦 4隻、海兵師団(8千人)1、 護衛潜水艦隊 12隻他で成る、打撃艦隊の常駐が必要です。 すると、現実には、上記に挙げた数の倍数が必要になると云う事です。 是でも、米国が現在運用している艦隊数の半分にも満たないのですがね。 米軍の軍事費の巨額さが知れます。

 この辺りのカバレッジの不足は、その米国との共同作戦を主とし、作戦行動範囲の限定、新兵器の開発や兵士の練度の向上、そして、外交施策による、周辺国家群との防衛役割分担で、凌いで行く他はありません。 

 その為にも、沖縄は重要な拠点であると言えましょう。 

 事実是まで、日本国のみならず、南シナ海に面する国々、更には、インド洋に面する国々の防衛の拠点として、大きな役割を果たしてきたのですから、それらの国々の防衛担当者にしてみれば、国家防衛=現状維持の為の軍事戦略面からみて、沖縄を共産シナのものとする事は、絶対に許し難い事でしょう。

 ですから警告するのです。 「沖縄独立〜親シナ政権誕生〜沖縄のシナ軍基地化」は、日米のみならず、現状、シナ人民軍から脅威を受けている周辺国家群すべてを敵に回すことになる、と。

 沖縄の反日は、戦後すぐから、沖縄が米国の戦力化に置かれた特殊事情に端を発していると云います。 事実、沖縄は戦後本土とは平等に扱われなかったのですから、沖縄に住む人々が「日本人である事を、裏切られた存在である」と考えたとしても、無理はありません。

 その点を挙げて「日本が沖縄に好かれる努力をせよ」との主張をする人がいますが、では、過剰な補助金を与え続けてきた事や国家反逆罪に当たる様な。反日反米活動を黙過すること以上に一体何があるのでしょうか? 

 米軍基地でも、軍事施設に限れば、その存在比率は75%どころか、その逆25%も有りません。 それでも歴代自民党政権は、地域的な配慮から、沖縄の声を最大限に聴いてきた、と云うべきでしょう。 逆にもし、米軍基地が沖縄に無かりせば、多くの島嶼には、シナ人が不法に上陸、跋扈し犯罪行為を行い、あまつさえ領土主張をしていたかも知れません。

 戦後の沖縄が、シナの侵略を免れて来たのは、米軍が常駐していたから、という見方はできないのでしょうか?

 この様に「現状を当たり前」としか捉える事が出来ないのでは、口に出てくるのは、自然、「現状に対する不満だけ」になりますが、それでは、彼らに良き未来はありません。

 この先、沖縄がいかに騒ごうと、日米が沖縄をシナの手に渡す事はありますまい。 ソレ処か、沖縄県民を他の県に移住させても、拠点を死守する方を選ぶでしょう。 沖縄は、極東のみならず、アジアン全域の防衛の要なのです


Re: 特定国関連 54 三四郎 - 2014/12/18(Thu) 12:44:06 No.80533
 さて、「ナッツ・リターン」事件ですが、不思議なほど我が国のメディアではあまり取り上げられませんね。お昼の番組なんかで、ほんの少し話題に挙げるくらいです。まあ、他国のことですから関係ないといってしまえばそれまでなんですけど、
航空会社という、安全を旨とする企業なんですからね。もっとこの一件を社会に知らしめて、「他山の石」とせねばならないのではと思います。
 それにしてもセウォル号の事件と言い、今回の件といい、あの国の「安全」に対する考え方って、一体どうなっているんでしょう?

>ナポレオン・ソロ様
 シナが沖縄を狙っているのは、誰が見ても明らかなことですね。それを分かっていないのは、県内に巣食う、一部の(と、こう申し上げておきます)反日勢力と、そして本土からやってきた「確信的左翼」ぐらいのものでしょう。

 現在の憲法の元では、残念ながら我が国だけで沖縄を死守するのは無理な話です。米軍が沖縄に駐屯しているのも、日米安保だけではなく「憲法9条」があるからでしょう。

 シナが沖縄を盗りたいのは、太平洋への出口を探るためです。そうでなければ、ロクな資源のない沖縄に、ああまで執着するとは考えられません。


Re: 特定国関連 54 古本屋の常連 - 2014/12/18(Thu) 23:27:14 No.80541
沖縄危機は継続中、やはり安倍総理でよかったと思う昨今です。

ちなみに、先日、日本を荒らした中国サンゴ密漁船ですが、帰国後、「国賊」呼ばわり、船も没収、引越しせざるを得ない立場に追い込まれているそうで、密漁団の中には自殺者も出たとか。
これ、APECの時に安倍さんが中国にぼそっと言った一言が効いたとのことです。
日本を韓国同様にナメていた中国が、ビビったんです。
9条縛りでも安倍外交は頑強です。


Re: 特定国関連 54 正論読者@管理人 - 2014/12/19(Fri) 06:46:07 No.80544
ナポレオン・ソロさん、三四郎さん、古本屋の常連さん、ありがとうございます。

>然し、前にも述べましたが、共産シナ相手に「戦争抑止力」の実効面で考えるのなら、

このあたり、勉強になります。感謝です。

>米軍基地でも、軍事施設に限れば、その存在比率は75%どころか、その逆25%も有りません。 それでも歴代自民党政権は、

東京人である自分の反省も含め、でございますが、沖縄というとリゾート、そしてなんだか回り一日中すべて軍用機の爆音で?のようなイメージでいる他都道府県民がかなり?なのではないでしょうか。

>沖縄県民を他の県に移住させても
>沖縄危機は継続中、やはり安倍総理でよかったと思う昨今です。

安倍政権が長期〜に、でほっとしております。ご記憶のように、ミンス党では胡散臭い、と申しますよりおそろしい計画内容がありました。以下はヒットしたものからそのままですが、

http://www35.atwiki.jp/kolia/pages/322.html

これらと例の外国人参政権等々、まさに悪夢ということかと。

>これ、APECの時に安倍さんが中国にぼそっと言った一言が効いたとのことです。

やはり、とりわけ外交面での成果、まさにそれ以前の3年〜との比較して、月と何とか、以上ということでありましょう。このサンゴ密漁で産経報道からですが、

http://www.sankei.com/world/news/141217/wor1412170042-n1.html

>「その上で「中国漁船はいつでも小笠原周辺に来航する可能性がある」と述べた。」

引き続き厳重注意かと。



[80468] 朝日ネタ5 投稿者:三四郎 投稿日:2014/12/09(Tue) 22:03:34 No.80468 [返信]  
 新しいスレを立てさせて頂きます。なお、転載の仕方がわかりませんでしたので、その点も合わせてご容赦下さい。

『強制連行があったなんて、一言も書いていない』
『(金学順氏は)騙されて慰安婦にされたというのを記事にしただけだ』
『自分の妻の家族がしていた団体とは関係がないし、何らかの要請を受けた事もない』

 元朝日新聞記者にして、現私立北星学園大学(北海道)の講師である植村隆氏が、中日(東京)新聞のインタビューに答えて、件の慰安婦について語った言葉であります。

 何と申しますか・・・・私には、汚職やその他のスキャンダルが露見した政治家をはじめとした有名人が口にする言い訳にそっくりな気がするのですが、考え過ぎでしょうか?



Re: 朝日ネタ5 古本屋の常連 - 2014/12/10(Wed) 01:00:49 No.80471
まあ、末期の人間の言い訳はそういうもんです。

強制連行って話が出ているとき、私はそうはいってない、とは言ってない。
騙されて慰安婦にあったのをだましたのは朝鮮人である、とは書いていない。

していないことが多すぎる。
そんなのが講師を?ふっっざけんな!!


Re: 朝日ネタ5 古本屋の常連 - 2014/12/10(Wed) 01:01:53 No.80472
>転載の仕方がわかりませんでしたので
えーっと、ラストの投稿をコピーして話をつなげるだけでいいんです(御貴殿は常連さんなんだから、そのくらいはしましょう)。


Re: 朝日ネタ5 正論読者@管理人 - 2014/12/10(Wed) 06:13:23 No.80475
三四郎さん、古本屋の常連さん、ありがとうございます。

>>現私立北星学園大学(北海道)の講師である植村隆氏が、中日(東京)新聞のインタビューに答えて、件の慰安婦について語った言葉
>そんなのが講師を?ふっっざけんな

まさに、今更ふざけるな!ですね。この人物が大学教員としてふさわしくないことを主張し意見を述べること自体は、「ヘイト〜」でもなんでもないということでしょう。一般論的となりますが、こうした卑怯きわまる物言いはあちら側の以前からの特質でしょうが、それにしましても…
関連しまして、以下は以前にもご紹介の「なでしこアクション」さんサイトからです。

http://nadesiko-action.org/

以下は集会チラシPDFです。

http://nadesiko-action.org/wp-content/uploads/2014/10/2014.12.12_nadesiko_02_color.pdf

(以下、一部抜粋です)

「慰安婦問題に終止符を!
〜日本の未来為に 立ち上がる女性たち〜
河野談話が検証され
朝日新聞が吉田清治証言を虚偽と認めた今こそ!

「慰安婦は日本軍が20万人の婦女子を強制連行した性奴隷」という
事実無根の日本非難が世界中に広まっています。
12月12日は2000年に慰安婦支援女性団体が女性国際戦犯法廷
と称する模擬法廷集会を開催し「天皇は有罪」と発表した日です。

日韓基本条約50周年、終戦70周年を迎える来年2015年こそ
この捏造慰安婦問題を終わらせる大きな転機となるよう
女性国際戦犯法廷が開催されたと同じ日に、日本の未来の為に
「慰安婦問題に終止符を!」と真の女性の声を挙げましょう!

女性はもちろん男性の皆様も是非ご来場下さい。」

まさに女性パワーです!ご都合のつく方は!


Re: 朝日ネタ5 三四郎 - 2014/12/10(Wed) 08:48:19 No.80477
>古本屋の常連様
 ご指摘感謝致します。以後気を付けますので。



Re: 朝日ネタ5 パタパタ - 2014/12/18(Thu) 20:47:35 No.80537
お久しぶりです朝日記者の大学講師、雇用継続となったようですね。
まあ、屈せずに素晴らしい講義を展開してもらいたいものです。


Re: 朝日ネタ5 正論読者@管理人 - 2014/12/19(Fri) 05:59:36 No.80542
パタパタ さん、ありがとうございます。

>雇用継続となったようですね。

ランキングサイトからそのままで、ご判断お任せですが、いろいろ報道内容等も出ておりますので。

http://deliciousicecoffee.blog28.fc2.com/blog-entry-5674.html

もちろん、卑劣な脅迫行為等は許されるものではありませんが、大学教員として適格かどうかの批判は当然かと。

【記事削除フォーム】
記事No 削除キー

- KENT-WEB & AZAQ-NET -