フェミナチを監視する掲示板
公権力を濫用し、『男女共同参画』の名を借りて文化破壊、家族否定の『ジェンダーフリー』政策を推し進める
フェミ・ファシズムを告発し、国民の注意を喚起するBBSです。
利用上のご注意: 
露骨な板荒らし、個人に対する誹謗中傷及び公序良俗に反する内容は禁止です。
上記に該当する書き込みがあった場合、管理人の判断で予告なく削除することがあります。
おかげさまにて12年目となりました! 今後とも何卒よろしくお願い申し上げます!!
[トップに戻る] [使い方] [記事削除] [過去ログ] [管理用] [AZAQ-NET]
おなまえ
Eメール
題  名
コメント
URL
削除キー (自分の記事を削除時に使用。英数字で8文字以内)
文字色

[79941] 特定国関連 49 投稿者:正論読者@管理人 投稿日:2014/10/17(Fri) 06:31:27 No.79941 [返信]  
新スレ失礼いたします。
また関連ランキング上位サイトにても紹介されている内容をそのままですが、

http://www.buzznews.jp/?p=223670

この「土下座」パフォーマンスはあちらの「お得意」で、たしか(書くのもおぞましい感がございますが)「日王」が、とかもございましたか。それにしましても、安倍首相については毎度のことでともかく?今回はなんと産経前支局長まで…、、もはや言葉もありませんが、それこそヘイト〜ということになりましょう。こうした内容も拡散ですね。
既にご承知のように同紙の加藤前支局長については、

http://www.sankei.com/world/news/141015/wor1410150037-n1.html

>「これを受けて加藤前支局長の弁護人は同日、加藤前支局長の出国を速やかに許可するよう求める文書をソウル中央地裁に提出した。」
>「これまで出国禁止の延長を繰り返し、加藤前支局長は2カ月以上出国できない状態が続いている。」

等々の状況ですが、ちなみに今回の件に関して本来なら最も激しく反応すべき団体さんはどうかと感じ、チェックいたしましたが。以下は、かの日弁連サイトからです。

http://www.nichibenren.or.jp/activity/document/statement.html

「秘密保護法施行令(案)等の閣議決定に対する」等に関する声明等はありますが、今回のK国による暴挙についてはどこにも…? どうしたのでしょうか。このジンケン擁護団体につきましては、皆様ご承知の通り、以前よりジェンダー〜フェミ路線まっしぐら、の感がありますが、(以下ご参考で)

ttp://www.nichibenren.or.jp/library/ja/committee/list/data/danjokyoudousankaku_kihonkeikaku.pdf


今般の近代法治国にあるまじき言論抑圧、人権問題に関してノーコメントというのは、やはりどのような実態なのか、を物語っているということでしょうか。



Re: 特定国関連 49 三四郎 - 2014/10/17(Fri) 13:56:37 No.79942
>管理人様
 しかし、何ですな。彼らがあんな下品なパフォーマンスをして、一体誰に見せるためにやっているのでしょう?まさか外国ではありますまい。自分達以外の国であんなことをやって凡そK国の立場を理解してくれるとは、とてもじゃないが思えません。だとしたら国内向けでしょうか?あんなことでストレス解消をしているなんて、先進国のやることじゃありません。


Re: 特定国関連 49 三四郎 - 2014/10/17(Fri) 21:11:12 No.79943
(連投失礼致します)
 安倍首相が靖国神社の秋の例大祭に「真榊」を奉納したのが気に喰わんとかなんとか、またK国が騒いでいるらしいです。
 ま、こんなもの、今はもう発作みたいなものですので、放っておけば良いのですが、問題は今や「なんちゃって与党」の感がある「ハム日月党」までもが「日中関係を悪化させる」とか
で「不快感」をひょうめいしてることです。そんなに不快なら、とっとと与党から出ていけば良いものを、いつまでへばりついているつもりなんでしょうね?


Re: 特定国関連 49 正論読者@管理人 - 2014/10/18(Sat) 06:18:31 No.79945
三四郎さん、ありがとうございます。

>だとしたら国内向けでしょうか?あんなことでストレス解消をしているなんて

敢えて、となりますが、これからもどんどんやっていただければ。ただ、自分が最も嫌悪、憎むべきと感じたのは、かつて我国国鳥のキジを残忍に殺す「抗議活動」でした。
話は変わりますが、以前からいろいろと不正受給等が問題視されております生活保護について、既に報じられておりますように次世代の党の動きです。以下、産経系より。

http://www.zakzak.co.jp/society/domestic/news/20141016/dms1410161550006-n1.htm

>「日本の総世帯数に占める生活保護世帯の割合は3・1%だが、在日韓国・朝鮮人世帯では14・2%が生活保護を受けているのだ。生活保護法には国籍条項があり、本来、外国籍住民には適用されないが、60年間も行政措置として給付が続いてきた」
>「「永住外国人は生活保護法の適用対象ではない」と判断したことを取り上げ、「最高裁が判決を出したにも関わらず、法律が想定していない措置を行政が行うのはおかしいのではないか」と指摘」
>「同党は、生活保護の給付対象から外国人を除外するための生活保護法改正案を秋の臨時国会に提出する方針」

等々、やや引用が長くなりましたが、ここで出ている八木教授コメントの通りだと思います。彼らが敬愛してやまない祖国政府に対して、彼ら自身から要望を出すべきでしょう。それにしましても、日本国民世帯の4倍です。。


Re: 特定国関連 49 三四郎 - 2014/10/18(Sat) 14:27:06 No.79953
「中国、韓国が反発」・・・・我が国の行動に対して、思い通りの対応をしてくれるのが特別亜細亜ですよね。別に首相が例大祭に真榊を奉納したとか、高市大臣が参拝をしたとかいっても、それほど大した問題ではないでしょうに。ま、いいです。今後も彼らの「嫌がること」をしてゆけばよいでしょう(笑う)そうして行けば、しまいに何も言わなくなるってもんであります。

Re: 特定国関連 49 古本屋の常連 - 2014/10/18(Sat) 15:38:08 No.79955
>別に首相が例大祭に真榊を奉納したとか、高市大臣が参拝をしたとかいっても、それほど大した問題ではないでしょうに

これなんかまったく大した問題でないことが中国で起きていました。

『【閲覧注意】中国雲南省で土地開発業者と村人らが大規模衝突!武装警官1000人・特殊部隊1000人が村人を鎮圧!』
『雲南省昆明市で政府が村人の土地を強制収用して開発業者に高値で転売した事で、2年近く村民の抗議が続いていましたが、開発業者は完全武装の警官1000、特殊部隊1000人で村人を鎮圧し、少なくとも7人の犠牲者が出ています。人民解放軍が鎮圧部隊になる日は近いと思います。』
『孫向文 @sun_koubun
フォローする
10月14日、雲南省昆明市のデモ鎮圧。村民は「現代版南京大虐殺みたい」というhttp://wickedonna2.tumblr.com/post/99999629888/2014 … あとは13、14日の間に中国各地にもデモ鎮圧がある。ほとんど報道されてないです。』
割とあちこちで起きているのだとか。我々に知る機会がないだけです。
あと後ろ手に縛ってからこん棒などで袋叩きにして頭を割るのは、中国の大昔からの伝統(?)で、昔からこれです。倒されている人間がすべて縛られています。
残酷画像あり、閲覧はご注意ください。
こちら
http://hosyusokuhou.jp/archives/40794977.html

中国の反発は、取るに足らない。
何故なら、人権侵害国家の照れ隠しにすぎない。


Re: 特定国関連 49 古本屋の常連 - 2014/10/18(Sat) 15:40:47 No.79956
ちなみに、前述のコメントをされた方は漫画家です。
先日、単行本が出ました。
皆様もぜひ。

中国のもっとヤバい正体 (フリンジBOOKS) [単行本(ソフトカバー)]
孫 向文
大洋図書
http://www.amazon.co.jp/%E4%B8%AD%E5%9B%BD%E3%81%AE%E3%82%82%E3%81%A3%E3%81%A8%E3%83%A4%E3%83%90%E3%81%84%E6%AD%A3%E4%BD%93-%E3%83%95%E3%83%AA%E3%83%B3%E3%82%B8BOOKS-%E5%AD%AB-%E5%90%91%E6%96%87/dp/4813022545%3FSubscriptionId%3DAKIAIM37F4M6SCT5W23Q%26tag%3Dhoshusoku-22%26linkCode%3Dxm2%26camp%3D2025%26creative%3D165953%26creativeASIN%3D4813022545


Re: 特定国関連 49 三四郎 - 2014/10/18(Sat) 19:34:08 No.79957
>古本屋の常連様、情報有難うございます。

>>「現代版南京大虐殺みたい」
 画像を見て思ったのですが、戦前、大陸で皇軍が「犯した」と言われている残虐行為とやらの映像にそっくりですね。となると、やはり連中は自分達のやった犯罪を皇軍になすりつけていると思ってしまうのは、考えすぎでしょうか?
>>何故なら、人権侵害国家の照れ隠しにすぎない。
 これも、すとんと腹に落ちます。連中、自分達の「悪業」を
糊塗するために、何としてでも我が国を悪者にしておきたいのでしょう。それにしてもこの手の映像が流れるようになったのは、やはりネットが発達したお蔭でしょうね。大手メディアだけだったら、無視してそれでおしまい、だったでしょう。


Re: 特定国関連 49 正論読者@管理人 - 2014/10/19(Sun) 09:51:59 No.79960
三四郎さん、古本屋の常連さん(ご紹介も)ありがとうございます。

>これなんかまったく大した問題でないことが中国で起きていました。
>割とあちこちで起きているのだとか。我々に知る機会がないだけです。

この土地強制収用に関連した暴動や住民虐殺はかなりのようですね…

>人権侵害国家の照れ隠しにすぎない。

まったく。ちなみに朝日に代表される反日メディアが毎度使う「中韓反発は必至」とやらは、「靖国参拝問題」における定型文だとか、報道の際に必ず入れる「おきまりルール」のようなもののようです。最近は「アジアの人々を」とやらは言えなくなったようですが。

>皆様もぜひ。

はい。ご紹介感謝です!かなり濃い内容のようですね。

>やはり連中は自分達のやった犯罪を皇軍に

ということでありましょう。日本人一般なら当時も現在も到底想像もできないような残虐行為、虐殺や強姦等々、彼らは「実感」があるからでっちあげることが可能なわけです。


Re: 特定国関連 49 古本屋の常連 - 2014/10/22(Wed) 00:51:37 No.79988
ではここで、特定国と日本とを比べてみましょう。
国際化とはなにか、を感じる話です。
こちら。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141021-00000005-rcdc-cn
『ある言葉を投げかけた時、韓国人と日本人はまったく異なる反応を示した』
『私がはっきりと「韓国語はわかりません」と伝えているのに、誰一人として英語に切り替えて話してくれる人はいなかった。いや、もっと言えば話を止めようとする人すらいなかった。彼らは続けて、とてつもないスピードの韓国語でまくしたててくる。これは本当に受け入れがたかった。』
『日本とも比べてみよう。私が“Sorry,I can‘t speak Japanese.”(すみません、日本語は話せません)と言えば、すべての人が即座に日本語で話すのを止める。そして、英語が話せれば英語で話してくれ、話せなければ手を振りお辞儀をして“Sorry”と謝罪する。』
『この障害は、外国人の流入やSNSの流行によって解決されるものではない。韓国のグローバル化は偽のグローバル化である。おそらく、経済の面では世界に溶け込んでいるだろうが、文化の面では一向に発展していない。だからこそ、彼らは荒唐無稽な言論を並べ、韓国人留学生の言動は奇妙に感じられ、韓国スポーツ界は各国が理解しがたいことをするのだ。』

日本は相手の立場を考える。
日本がそうだからといって、隣国もきっとそうだと考えてはならない。またお互いを混ぜれば、お互いが向き合って話せばよいのだというのが、隣国については通用しないこともわかります。


Re: 特定国関連 49 古本屋の常連 - 2014/10/22(Wed) 01:03:54 No.79991
あ、そうそう
日本と韓国の違いです。
日本は人から教わると、わざわざ教えてくれて親切な人だと感謝します。

が、韓国は人から教わるのを嫌がります。マジです。
参考になるものをこちらに。
http://kitimonogatari.com/archives/40765800.html

私は中国に留学してたことがあったんだけど、やっぱり韓国人っておかしいなって思った。
言葉が話せるようになると韓国人の発音の下手さがすごく分かるようになる。(日本人も独特のなまりがあるけど。)
中国語やったことある人は知ってると思うけど、声調がめちゃくちゃ。(中国語は同じ音でも声調の違いで意味が変わるのね。) それで違うよって教えてあげると「間違ってない!じゃお前は完璧に話せるのか?」って怒るし、
ピンインっていう発音記号も間違って書いてても気にしないのね。話せればいいとかいって。
あとみんな全然漢字書けないの。書けても書き順めちゃくちゃだから字がきったない。
書き順教えてあげても「こっちの方が書きやすい。」とか、「こっちの方が綺麗な字だ。」とかいって反論する。
挙句の果てに「韓国は漢字を使わないから書けなくてあたりまえだろ!何が悪い!」←中国に何しに来てるのかわかんない
文法もめちゃめちゃ。日本人は結構文法とかマメに覚える人が多いらしく先生にほめられるんだけど、
そんな時は韓国人がすごくいやみっぽく「お前らは中国人かよ」みたいな言い方する。
テストの時も日本人はみんなじゃないけどちゃんと準備してくるんだけど、韓国人はケンチャナヨって感じで
テスト始まる前とかに「カンニングさせてくれ。」って言ってくる。ことわると「友達じゃない!(こっちはもともと友達なんて思ってないのに)」 』
日本なら、超がつくわがままですが、韓国では当たり前なんです。


Re: 特定国関連 49 正論読者@管理人 - 2014/10/22(Wed) 06:58:07 No.79996
古本屋の常連 さん、詳細にご紹介等ありがとうございます。

>「韓国のグローバル化は偽のグローバル化である。おそらく、経済の面では世界に溶け込んでいるだろうが、文化の面では一向に発展していない。だからこそ、彼らは荒唐無稽な言論を並べ、」
>日本は相手の立場を考える。
日本がそうだからといって、隣国もきっとそうだと考えてはならない

ということでありましょう。大陸もK国同様に、、が一般でしょうが、「自戒」も含め、まだしも客観的冷静な議論もいろいろあるように感じます。彼らからみても、K国は「中毒レベル」を思うのではないかと。同じところからの参考ですが、以下のような記事内容も。。「中国の空港職員が見た!日本人客と韓国人客の違いとは?=「目も当てられない…」」

http://www.recordchina.co.jp/a95709.html

やはり私たちが常日頃単なる「空気」のように感じているいろいろな事柄や現象も、彼らからみると「優れた非常識」であるわけです。

>が、韓国は人から教わるのを嫌がります。マジです。
参考になるものをこちらに。

これも感謝です。
>日本なら、超がつくわがままですが、韓国では当たり前

これも改めて認識するべきことなのでしょう。最近の同国におけるアジア大会はそれこそ最悪レベル「太鼓判」でしょうが、また一つ、産経系より。

http://www.zakzak.co.jp/society/foreign/news/20141021/frn1410211140002-n1.htm

>「仁川アジア大会の代表選抜も例外ではなく、シンクロナイズドスイミングやボクシングなどで疑惑が浮上。ソウル警察は、競技の前後に不透明な金品授受が行われた疑いがあるとし、」

もうおそらくはいまさら改善など不可能な、全体に蔓延しているものということでしょう。とにかく次の冬季五輪には、変な関わりあいをもたないこと、が必須です。


Re: 特定国関連 49 ナポレオン・ソロ - 2014/10/22(Wed) 08:11:04 No.79997
>>今般の近代法治国にあるまじき言論抑圧、人権問題に関してノーコメント
↑は、ネットを遣らない人々皆に周知しなくてはならないポイントでしょうね。 詰まり、彼らが云う人権とは、日本人を対象としたモノでは無く、外国人、就中、韓国・朝鮮人やシナ人がその対象である、と言う事です。 すると、彼らがどの様な背景を持つ組織なのかが容易く推察出来ましょう。 在日団体が両手を挙げて彼らの主張に賛成するのは何よりの証拠です。

 日本の法曹界や報道界のゆがみの原因は、戦後のWGIP
施策上で、米国に不都合な事案の事実部分の描写を捻じ曲げたり、隠蔽した結果で、報道や法曹界は、その都度「背景にGHQがいる」事を、「錦の御旗」している裡に、其れを利用したシナや韓国側の公宣機関になり果てて居るのでしょう。 こう云う事案で必ずアサヒが「日本は世界から孤立するぞ」等と意味不明なフレーズを付けて居た事から、私は、国連の影も見え隠れしていると思いますね。

 に、しても、韓国は民衆レベルで既に腐り果てていると言って善いでしょう。 非常識を非常識とは思えないのは、教育自体に正道が無いからです。 結果に拘り過ぎる余り、物事の「斯くあるべき」と謂う基準が、無いか、全くぶれている。 その失敗の工程の見直しから始めるべき「失敗に学ぶ」姿勢も、誰かに責任を押し付けてお終いにするのでは、何も具体案が出て来ないのは当たり前。

 「他人の指摘に学ぶ」事が出来ないと言うザマから、近代国家云々以前に、「学び方」[反省の仕方」を知らないというべきでしょう。

 是で一流の工学系研究者が居たら、寧ろ、吃驚します。


Re: 特定国関連 49 三四郎 - 2014/10/22(Wed) 10:42:18 No.79998
『痛いニュース』の伝えるところによりますと、朝日新聞の木村社長は「韓日関係は兄弟のようなもの」で、韓国は「お兄さん」になるんだそうであります。
 もとよりこれはあの国の中央日報の報じるところらしいので、本当かどうかは、多少割り引いて読んだ方が良いのかもしれませんが、しかし『韓日関係』だなんて、本当に言ったのだとしたら、相変わらず懲りない新聞社ですね。そういや、ちょっと前に記者が朴大統領から贈り物をもらった・・・・と
ツイートしていたのが明らかになりましたが・・・・別に反政府でも構わないんですけど、外国の政府とべたべた慣れあっている印象がぬぐえませんね。こんな新聞社に、危なくて下手なことは喋れませんよ。


Re: 特定国関連 49 正論読者@管理人 - 2014/10/23(Thu) 06:18:27 No.80001
ナポレオン・ソロさん、三四郎さん、ありがとうございます。

>こう云う事案で必ずアサヒが「日本は世界から孤立するぞ」等と意味不明なフレーズを付けて居た事

そうですね、この常套手段の構造をも改めて分析検証すべきでありましょう。「男女共同参画」〜の今までの流れも同様ですね。「日本は遅れているぞ〜、世界から取り残されるぞ〜」に「国連発」をからめて、さんざん宣伝し嘯いてきたわけです。

>非常識を非常識とは思えないのは、教育自体に正道が無いから
>「他人の指摘に学ぶ」事が出来ないと言う

以前からK国については、「日本以上に厳しい受験学歴社会」のようなイメージが語られてきましたが、実際の中身はかなり異なるような。

>朝日新聞の木村社長は「韓日関係は兄弟のようなもの」で、韓国は「お兄さん」になるんだそうで

もし本当にそのような放言であれば、今以上に「朝日らしい」ですが、かつて同国現大統領父君に時代の同紙の姿勢はもう忘れて?でしょうか。同国で「朝日新聞を支援しよう〜」が拡大すれば、それはそれで笑



[79926] 再度「従軍慰安婦」2 投稿者:正論読者@管理人 投稿日:2014/10/15(Wed) 06:08:37 No.79926 [返信]  
失礼いたします。
重要な件ですので、直近のご投稿からコピペ、以後こちらにて続行といたしたく、よろしくお願いいたします。

(以下、転載)

Re: 再度「従軍慰安婦」 ナポレオン・ソロ - 2014/10/13(Mon) 09:55:45 No.79910

ソロです、お早うございます。せっかくの休みですが、台風で何処へも行けませんねww

 この際、其れまで「韓国の歴史捏造に拠る妄言」にしか過ぎなかった問題が、此処まで日米韓関係を揺るがすほどの重要性を持つに至った契機となった、米国下院議会「戦前日本軍が行ったとされる、半島女性への人権侵害行為に対する日本非難決議」について、先ずは、米国が歩んで来た歴史から、人権擁護について、或いは道徳的な行いについて、誰かを非難できる資格が有るかを考えてみたい。

 そも、70年も前の自国社会とは宗教倫理も社会習俗も背景も異なる社会に於ける「売春行為」について、他国があれ是批判する事自体が非常識であろう。

 然も、一見して妥協の産物にしか過ぎない「談話」レベルの話を事実上「証言」レベルに評価を上げて、定かな検証も無しに、60年以上軍事同盟を結んで来た同盟国国民への慮りの欠片も無しに、過去を一方的に非難して国民の誇りを傷つけた事は、日本国民と米国民の信頼関係を大きく損ねる事になった事を米国民は認識しなくてはいけない。 加えて時の政権が、弁明をしようとしたら、「歴史修正主義者のレッテル張りを行い、支持を取り下げ1年足らずで瓦解させるに至ったのである。 是では、日米が「対等の国家関係」に無い事を繰り返し、思い知らせた行為でしか無い。

 その経緯には、如何にもこの件が、戦前日本人の正義感に依って、暴かれ、糾弾された様な見え透いた脚色があった。 其れは、こ出自不明だが、名前ダケは日本人のマイクホンダ下院議員がその先鋒を務め、彼が提出した決議案が、韓国側の主張そのままの反日プロパガンダで、日本国民を傷つけようと意図されていた事は明らかだった。

 然も、事を起こしたのは下院議会で有るのに、上院は一貫して沈黙を守った事も、全面的な問題化を避ける意図が働いていたと判看做せます。 是で、下院の身で論ったこの問題が、意図的な政治的策動・広報=政治的なプロパガンダであった事は確定します。

 では、米国にその様な「道徳的な指摘」が出来る程の立派な過去をもっているのかを問うてみたい。

 昔、日本が高度成長期に、主に日本人商社マンを称して「エコノミックアニマル」と揶揄された事が有りましたが1米国の世界侵略の端緒である1898年の米西戦争から以後の米国及び米国人のモラルの低さは目に余ります。

 就中、CIAと云う謀略機関を軸にした、相手国家の撹乱、対立醸成、マスコミの買収に拠って、政権の信用破壊から、クーデター援助と云った謀略で、既成国家を転覆、闇に葬った建国勢力は数知れません。 その都度、無辜の市民が巻き添えを食らって、或いは、空爆などの積極的な介入=侵略行為によって、多数が犠牲になって居るのも謂うまでもない事です。

 CIAの他国への侵略的介入の手法は決まって居ます。 そして、後始末の仕方も同じです。 CIAを介した援助を受け、嘗て、CIAと主従関係に有ったイラクのバース党党首、サダム・フセインやリビアのカダフィ大佐は、最終的には捕獲され、殺されて居ます。 勿論、端から裏切った感のあるアルカイダ〜ムジャヒディンの首領ビン・ラディンも粛清の対象者でもあった事は間違いありません。

 そして、是等のCIA出自の策動の目的、理由が究極「金の為」でしか無いのは、戦後、60年以上続いている中東戦争自体、「イスラエルの無理な建国による難民発生」こそが、端緒であり原因なのに、其れら根本の解決への手段・有効な提言は、全くなされて来なかった事で、逆に「ワザと解決をしない」、寧ろ「紛争の火種」を消さない努力の元に行われている事を示して居ます。 其れは、パレスチナ側のファタ派とイスラエルの政府機関であるモサドが水面下で繋がって居た事で明らかでしょう。

 是等「戦争利得者」達と呼ぶしかないCIAを軸にした集団は、表向き「世界平和を護る」と言う大義名分を掲げているにのですが、それも、米国の世界覇権維持の為と言う、モゥ一つの大義名分が有る為です。

 然し、米国の指導者に人権擁護を謳う資格がないのは、日米戦争の末期に、制海、空権を喪い、殆ど丸腰に成った日本の民間人を五十万人も、都市空襲と原爆投下で焼殺=ホロコーストした事で判りますよね。
 
 亦、その後の米国が関わった戦争での米国兵士の蛮行を見れば判る様に、米国人自体のモラルのレベルも極めて低いと看ておかねばなりません。その証拠事例を上げろと云われれば、戦中、戦後の欧州や日本での民間婦女子襲撃、朝鮮戦争での「女狩り」や洋公主問題、そして、ベトナムでの蛮行、対イラク戦争での収容所内での蛮行・・きりがない位あります。

 彼等は人自身が種差別主義者である事を些かも隠そうとして居ませんし、有色人種を家畜の様に扱う事に、僅かな良心の痛みも感じていないようです。是はとりもなおさず、行為主体者が白人である事を示して居ます。

 黒人は粗暴で野蛮、白人は先進的で道徳的という印象操作が、戦後ずっとされて来たと思いますが、事実は真逆なのではなかろうか。

 戦前日本軍の、従軍売春婦制度等、完全に法律で規制されたもので、譬え、帯同した売春婦の存在が人権無視だったとしても、其れは現代の価値観です。 そして、極悪な筈の日本軍は、其の何処にも米国兵士の様な、「敵味方関係なしに、無秩序に民間の女性を襲い、中には殺害して火をつけ、証拠隠滅を図る」と云った、完全に犯罪行為でしかないモノを隠蔽する様な真似をしたという記録が有りません。 

 其れは日本の軍隊内では、「皇軍兵士=天皇陛下の軍隊だった」ので、自分達はさんざんやられた「民間人襲撃などの違法行為」は、「天皇陛下の顔に泥を塗る様な話」と言う認識が上級幹部には強く有ったからで、違背者には厳罰が下されたのです。

 つまり、兵士にやりたい放題させた米軍の組幹部織自体に、兵士の犯罪行為を取り締まるダケのモラルが存在していなかったと云う事です。

 そういう過去の真実を検証せず、戦前日本を悪逆国家に仕立てたい余り、自前の人工国家である大韓民国の主張其のままに、日本非難決議を可決し。其れに抗議する日本を「歴史修正主義者」と決め付けた米国下院議会こそ、その不見識で世界に恥をさらしたと認識すべきです。
(おわり)



Re: 再度「従軍慰安婦」2 正論読者@管理人 - 2014/10/15(Wed) 06:46:29 No.79927
ナポレオン・ソロさん、ありがとうございます。

>此処まで日米韓関係を揺るがすほどの重要性を持つに至った契機となった、

そうですね。。関連してそれこそ「戦後」体制そのものを問い直す契機にも、というこではないかと。K国やあちら側は「やりすぎた」わけで、米国にとっても、このような展開になろうとは…ではないでしょうか。

>米国にその様な「道徳的な指摘」が出来る程の立派な過去をもっているのかを問うてみたい。
>戦中、戦後の欧州や日本での民間婦女子襲撃、朝鮮戦争での「女狩り」や洋公主問題、そして、ベトナムでの蛮行

以前にも申しましたが。。たしか私たちが学校で習った「フロンティア」なるものは、つまりは先住民大虐殺の歴史であり、また有色人種(国)での彼らの蛮行は

>有色人種を家畜の様に扱う事に、僅かな良心の痛みも
>黒人は粗暴で野蛮、白人は先進的で道徳的という印象操作が

底辺にある?いえ、露骨な人種差別意識に起因することは疑いないということでありましょう。
ここでまた関連ランキング上位サイトアップ内容から一つご参考ですが、興味深い内容だと思いますので。

http://nezu621.blog7.fc2.com/blog-entry-2415.html

>「リンカーンの行った南北戦争は、
北部諸州の白人の労働雇用を守るために、
低賃金、終身雇用の労働力である「黒人を排除」することを目的として、
黒人が米国内に増加する温床となっている南部の「奴隷制度」を根こそぎ排除し、
黒人を米国から抹殺しようとした戦い」

>「問題は、奴隷解放をしたはずの南北戦争から、100年も経ってから、なぜ、黒人は差別の対象から米国市民としての「公民権」を与えられるようになったか、ということです。
実は、ここに日本が深く関係しています。」
>「パリ講和会議における日本の提案は、当時の白人社会にはとてつもなく大きな爆弾であったといえます。」

等々。戦後からの〜を語るには、かつて私たちが習ってきた歴史、それが直接に我国に関連していないようなものであっても、を検証していくことが不可欠ということでしょう。

>其の何処にも米国兵士の様な、「敵味方関係なしに、無秩序に民間の女性を襲い、中には殺害して火をつけ、証拠隠滅を図る」と云った、完全に犯罪行為でしかないモノを隠蔽する様な真似をしたという記録が有りません。 

ご指摘の通りです。改めてとなりますが、「戦後」体制とは、一言でいえば、「日本は悪いことをした、極悪だった」という宣伝を大元にしているということになりましょうが、それからの脱却ということです。
変わりますが、以下はまたチャンネル桜番組動画からひとつご参考です。町田市議会での動きについてですが、こうした良識有る議員さんのお話はとても参考になります。

https://www.youtube.com/watch?v=tK0v-DRjuAo&list=UU_39VhpzPZyOVrXUeWv04Zg

改めて、どんどん各地方議会へ広がって、を願います。
この「慰安婦強制〜」捏造には、ご承知のように過激フェミ勢力等も深く関わっており、何としても私たちの代でしっかりと決着させなければなりません。


Re: 再度「従軍慰安婦」2 三四郎 - 2014/10/15(Wed) 19:16:39 No.79928
 こちらの皆様はもう既にご承知でしょうが、世間ではまだ多くの人達が「慰安婦(私は『従軍〜』という冠はつけません。歴史用語として適切ではないからです。念のため)」について
誤解しているように思うのです。朝日が誤報を認めて謝罪したのに「慰安婦はいたんだ!だから日本は謝罪し続けなければならない!」なんて言ってるのです。

 私も含めて「慰安婦はいなかった」なんて、誰も言ってやしません。慰安婦はいたのです。ただ「軍が直接関わって、奴隷狩り紛いの強制連行を組織的計画的に行った証拠はどこにもない」と言ってるだけです。
 果たして、これのどこが「日韓関係を損なう」とか「歴史の改ざんは認められない」ってなるんでしょう?その方が理解できませんよ。
 元から「無かったこと」を「無かった」というのは、決して
歴史を認識する上で間違いでも何でもありません。むしろ正しい歴史を後世に伝えてゆく上では必要な行為であると私は思っています。
「広義の強制性はあったんだ」なんて言う方が、余程「歴史の改ざん」であり「歴史に対する歪曲」でしかないでしょう。

 大体「広義の強制性」って変な用語ですよね。こんなのは所謂「吉田証言」が流布されるようになってから、朝日を初めとした反日言論人が勝手に作り出した造語に過ぎません。さらに申し上げるならば「強制連行」という言葉そのものが、左翼用語でしかないのです。
 現に左翼は今でも「シベリア抑留」としかいってないじゃないですか?あんなものは明らかに「国際法に違反した捕虜の強制連行」でしかないのに、に関わらずです。


 終戦後、GHQ(というより、主に米兵)向けに「特殊慰安所」が設けられたのだって、あれは「従軍慰安婦」そのものでありましょう。こういうのを無視して、殊更に皇軍の行為のみをあげつらうのは、歴史対する公平性を著しく欠いています。

 


Re: 再度「従軍慰安婦」2 ブルムベア - 2014/10/15(Wed) 22:24:40 No.79931
ヤンコンジュ!ヤンコンジュ!!ヤンコンジュ!!!

人権侵害国家めが!
韓国政府など先進国にほど遠いぞ


Re: 再度「従軍慰安婦」2 正論読者@管理人 - 2014/10/16(Thu) 06:28:36 No.79937
三四郎さん、ブルムベア さん、ありがとうございます。

>歴史用語として適切ではないからです。

ご指摘の通りです。「従軍看護婦」「従軍カメラマン」等々、生命の危険をも顧みず戦地に赴き〜、という意味であるべきものを、敢えてこのような造語を送り出すことで貶めたということでしょう。ちなみに以下は旧日本軍資料関連のサイトでしょうか、ヒットしたものからそのまま一つご参考ですが、いろいろと往時の従軍看護婦さんたちに関する貴重な画像等がアップされておりますので。

http://cb1100f.b10.coreserver.jp/redcross_jilyugunkangofu.html

>「召集され現地に赴く救護看護婦は、軍人や公務員と同様に叙勲などの対象者でもありました」

まさに「従軍」の勇気ある乙女たちだったと。

>終戦後、GHQ(というより、主に米兵)向けに「特殊慰安所」が

改めてとなりますが、あちらの言う「女性の尊厳」云々であるならば、彼女たちにこそお詫び、ということでしょう。

>韓国政府など先進国にほど遠いぞ

先進国どころではございませんね。報道によれば、

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141016-00000001-jij-int

>「国連総会で15日開かれた会合で、韓国代表は旧日本軍の従軍慰安婦問題を念頭に「第2次世界大戦中、軍によって強制的に性奴隷にされた犠牲者、いわゆる慰安婦の問題は、紛争下の性暴力の主要な未解決事例だ」と述べ」

コメントするのも、の感もございますが、粛々と批判反論、そして諸悪の根源「談話」リセットを。


Re: 再度「従軍慰安婦」2 三四郎 - 2014/10/16(Thu) 14:24:39 No.79938
>管理人様
 国連でのやりとりは私も見ていましたが、「国連人権委員会の委員長も謝罪と賠償を認めている(クマラスワミ報告の事でしょう」だのと、朝日の真相が分かった今でも、ねちねちと同じことを繰り返していましたね。

 あちらにとっては、それ以前の「朝日の記事」と「河野談話」が全てなんでしょうが、河野談話も元々は朝日の記事ありきで出来たものですから、効力自体無くなっているんですがね。向こうにしてみれば「金づるがなくなる」のが恐くて仕方ないんでしょう。

 しかし安倍政権は「河野談話は見直さない」といいます。これはこれで、いささか首をかしげたくなるのですが、とりあえず国連に「クマラスワミ報告」の是正を求めているだけでも、一歩前進かなぁ?と思ったりします。


Re: 再度「従軍慰安婦」2 正論読者@管理人 - 2014/10/17(Fri) 06:00:33 No.79940
三四郎さん、ありがとうございます。

>安倍政権は「河野談話は見直さない」といいます。これはこれで、いささか首をかしげたくなるのですが、とりあえず国連に

今回は読売報道からですが、

http://www.yomiuri.co.jp/politics/20141006-OYT1T50159.html

>「萩生田光一・自民党総裁特別補佐は6日、BS日テレの「深層NEWS」に出演し、いわゆる従軍慰安婦問題に関する1993年の河野洋平官房長官談話(河野談話)について、「政府として見直しをしないと公言している」とした上で、「もはや役割は終わったと思っている。戦後70年に合わせた新たな談話を出すことによって、結果として(河野談話は)骨抜きになる」との見通しを」

ということで、かつてのトンデモ談話を「上書きリセット打消し」でよろしいかと思います。


Re: 再度「従軍慰安婦」2 正論読者@管理人 - 2014/10/20(Mon) 06:52:17 No.79972
失礼いたします。既にご承知の方もと存じますが、例のアジア女性基金 拠出金関連内容、呼びかけ文削除について、関連ランキングサイトよりひとつご参考です。

http://yukokulog.blog129.fc2.com/blog-entry-1745.html

>朝日新聞は、「私たちが過去とどう向き合うのかが問われている」と主張している。その言葉を、そっくりそのまま朝日新聞に返したい。むしろ、朝日新聞の捏造報道によって、善意の金が大量に国外流出したことについて

ということでしょう。
たしかに、いろいろと静かにでしょうが、反撃が次第にを感じます。
「10代の少女までも含む多くの女性を強制的に『慰安婦』として軍に従わせた」…、改めて、でっちあげは削除が当然です。


Re: 再度「従軍慰安婦」2 三四郎 - 2014/10/20(Mon) 10:55:34 No.79973
『アジア女性基金』って、もう解散、というより活動を停止してるんですよね?だとしたら何故その呼びかけ文を未だに政府のホームページだかに載せていたのか、不思議でなりません。
 ましてや朝日の捏造がばれてしまったんですから、間違いがあればそれを「訂正する」のは至極まっとうだと思います。


Re: 再度「従軍慰安婦」2 正論読者@管理人 - 2014/10/21(Tue) 06:10:43 No.79979
三四郎さん、ありがとうございます。

>ましてや朝日の捏造がばれてしまったんですから、間違いがあればそれを

ご指摘の通りです。ご承知のようにこの団体は、かの村山内閣時〜でしたか。今だからということになりますが、同団体の活動や主張等、改めて検証も必要ということだと思います。


Re: 再度「従軍慰安婦」2 古本屋の常連 - 2014/10/22(Wed) 00:51:47 No.79989
さあ、朝日のねつ造暴露に続くとなると、こんどは河野談話です。

じわじわ骨抜き中、わははは。
こちら。
http://hosyusokuhou.jp/archives/40855041.html
『「強制連行」発言打ち消す=官房長官が河野氏批判−慰安婦問題
菅義偉官房長官は21日の参院内閣委員会で、1993年に河野洋平官房長官(当時)が
従軍慰安婦問題に関する談話を発表した記者会見で「強制連行」を認める趣旨の発言を
したことについて、「大きな問題だ」と批判、「私どもはそこは否定し、政府として日本の名誉、
信頼を回復すべく、しっかり訴えている」と述べた。共産党の山下芳生書記局長への答弁。

河野氏は93年の談話発表時の会見で、慰安婦の強制連行があったかどうかの認識を問われ、
「そういう事実があった」と発言している。安倍政権は、旧日本軍の関与を認めて謝罪した
河野談話自体は継承しているが、強制連行を認めた河野氏の発言を明確に打ち消したのは初めて。
韓国政府は安倍政権による談話検証も批判しており、菅長官の発言に反発を強めそうだ。 』

もちろん、談話を継承というのに、この変わり方。
私は大いにオッケーと思います。いきなり頭ごなしでは、やはり外交的にも、アレですし。
私も、韓国の反応が楽しめるぞっと。


Re: 再度「従軍慰安婦」2 正論読者@管理人 - 2014/10/22(Wed) 06:38:37 No.79995
古本屋の常連さん、ご紹介含めありがとうございます。

>じわじわ骨抜き中
>談話を継承というのに、この変わり方。
私は大いにオッケーと思います

まったくです。何と申しますか、、(敢えて)この狡猾な騙しあいが世界の標準、当たり前の外交面等において、ようやく対応対処可能な政権ができて、、を感じます。

>「強制連行を認めた河野氏の発言を明確に打ち消したのは初めて」

継承はしていますよ〜を言いつつ、今回…。もちろん安倍総理の〜ということでしょうが、じわじわで、大いにオッケーです。それにしましても、「反発を強めそうだ〜」定型がやはり入って笑  やはりこうしたじわじわ骨抜きをやり、新談話で明確に打ち消しリセットということかと。


Re: 再度「従軍慰安婦」2 正論読者@管理人 - 2014/10/23(Thu) 06:04:07 No.80000
失礼いたします。
以下はまた産経報道からですが、著名なテキサス〜さんの件です。

http://www.sankei.com/world/news/141022/wor1410220030-n1.html

>「米カリフォルニア州グレンデール市の市議会で21日(現地時間)、「テキサス親父」の呼び名で知られるテキサス州在住の評論家、トニー・マラーノ氏が発言する機会を与えられ、韓国系団体の強い要請で設置された慰安婦像を批判」
>「「慰安婦像は日本人の名誉を毀損している。侮辱している」。マラーノ氏は慰安婦像設置に賛成した市議らを前に静かに話し始めた。」
>「在米日本人らが、慰安婦像について反対意見を述べると、「もっと歴史を学ばなければ」「なぜ、過ちを認めない」などとヒステリックに反論していた市議らも、マラーノ氏には何も言わなかった。米国世論に、日本の立場、日本の主張を説明することがいかに重要かを示している。
慰安婦像設置に賛成した市議らは、マラーノ氏の話を聞き終わると、「サンキュー」と述べた。設置に唯一、反対した市議は「あなたの名前は」と改めて聞いた。」

やや引用等が長くなりご容赦ですが、本当に頭のさがる思いです。戦地慰安婦女性への当時の米軍による調査内容を明らかにしたのもテキサス親父さんの功績でしたか、なんと申しますか、米国における良識良心、ということをも感じます。出ておりますように、「国際常識」では正当にアピールすることがいかに大切か、ということでありましょう。安倍政権もやりたくてもなかなか、だがじわりじわり等々ということだと感じますが、動きを進めるためにはより民間から後押し、が必要ということかと思います。



[79916] 理解不能 投稿者:三四郎 投稿日:2014/10/13(Mon) 19:45:22 No.79916 [返信]  

痛いニュース 2014年10月13日
 朝鮮日報「万一韓国メディアが日王に対し根拠ない侮辱記事を掲載したら日本政府は納得できるか
http://www.chousunonline.com/site/data/html dir/2014/10//13201410131306.html

全文を掲載しようと思いましたが、すみません。できませんでした。あまりにも下品かつ低劣な落書きでしたので、途中で腹が立って書けませんでした。

 要するに彼らは「こっちがお前らの元首を侮辱したら怒ったじゃないか。お前らが言うな」って主張したいんでしょうが、しかし我が国では別に天皇陛下を侮辱されたからといって、怒りはしますが、逮捕して取り調べたり、在宅起訴したりなんて真似はしてません。これは戦後一貫して変わってませんし、これからも変わらないでしょう。

 政治家は腹を立てただけであって、これによって法的にどうこうしている訳ではありません。
 然るに、K国はどうでしょう?対馬から仏像を盗んだ泥棒を放免したり、彼らの言う「親日的発言」をした人を殺しても微罪で済ませたりしてるじゃないですか?

 それにですよ?伝えられるところによれば、産経新聞の支局長氏は、当の朝鮮日報の記事を引用しただけです。これが果たして罪に問われるほどのことでしょうか?

 福澤諭吉先生が「悪友とは手を切れ」とおっしゃいましたが、まさしくその通りでしょう。彼らは文明人ではありません。同じアジアの隣人だなんて思いたくもありません。



Re: 理解不能 正論読者@管理人 - 2014/10/14(Tue) 06:13:18 No.79918
三四郎さん、ご紹介等ありがとうございます。

>あまりにも下品かつ低劣な落書きでしたので、

ご紹介先はでは「見つかりません」?ですので、再度ヒットしたものをご参考です。

http://blog.livedoor.jp/dqnplus/archives/1813496.html

…。この同国紙、一応?あちら国では代表的新聞のようですが、まさに、もはやコメントにも値しない落書きレベルですね。

>産経新聞の支局長氏は、当の朝鮮日報の記事を引用しただけです

それこそ「すり替え」レベルにも達しないものということでしょう。なんと申しましょうか、、彼らは「独立」後70年近くを経た今日、(物質面での豊かさとはうらはらに)ますます社会文化レベルは退化してしまったということのように感じます。


Re: 理解不能 三四郎 - 2014/10/14(Tue) 13:28:20 No.79922
>管理人様、失礼致しました。そして有難うございます。

 大体彼らが天皇陛下の事を「日王」だのなんだのと、未だに
侮辱した呼び方をしているのは、結局我が国が「法的に」何もしてこないのを知っているからでしょう。
『怒っ』たり、『不快感を示し』たりするのと、法的に罰を加えたりするのは意味合いが違います。

 我が国の中にも、皇室や陛下に対し奉り、不敬にも何か言ってくる人種がいることはいますが、国が彼らに何か罰を加えたり、逮捕したりすることはありません。

 連中はきっと、それが分からないんでしょうね。さすが『人治国家』だけのことはあります。


Re: 理解不能 ナポレオン・ソロ - 2014/10/18(Sat) 08:06:31 No.79948
>三四郎さん,ソロです。
 正に、理解不能。 是で韓国が得るモノは、日本だけでなく世界からの反発と顰蹙ダケ、韓国社会は、ホントに最終局面に入った様に感じます。 

 韓国世論ベースに謂わせれば、「大体、セヲル号関連の事は、純粋に国内問題で有るべきなので、外国の報道機関があれこれちょっかいを出すのが気に食わない」と言う事でしょうが、その意志を表明するのに国権を動かすとはね。

 イエローペーパー並みの「ゴシップ記事」に、いちいち反応するに国権を動かす様では、その「軽さ」が世界中のモノ嗤いの種にされる事位判らないのだろうか。

 英国が同じ基準で国権を動かしたりすれば、所謂、英国王室を常時監視し、そのアラを世界に発信して居るパパラッチャーは、全員縛り首wwでしょうよ。

 とはいえ、「三面記事には三面記事なりの価値が有る」からこそ、彼等の書いた記事や写真が売れるワケで、こう云うレベルが支持されて居るのも、報道が持つ一面でもありましょう。 ソウ云う「負の報道機関」の棲息を許容出来る社会こそ、政府の姿勢に「裕度」があり、其れを支持する社会も民主的だとも言えるのです。この国家に対する評価基準は、近代国家に限らず、歴史的にも言える事だと思います。

 随い民主主義云々と言う前に、政府中枢の職責に有るものにして、国家と謂うものが判って居ないザマが丸見えです。 是では、「現政府には国家の体面すら護る力が無い」と判定されてもいたしかたないでしょう。

 何か、韓国人の醜く未開なザマを世界に発信する為に、わざとやっている様な気すらしますね。


Re: 理解不能 正論読者@管理人 - 2014/10/21(Tue) 06:28:04 No.79981
三四郎さん、ナポレオン・ソロさん、ありがとうございます。
また一点ですが、

>是では、「現政府には国家の体面すら護る力が無い」と判定されてもいたしかたないでしょう。

これは同感でございます。ちなみにまた産経系からの報道を一つそのままですが、

http://www.zakzak.co.jp/society/foreign/news/20141020/frn1410200700001-n1.htm

>「逆に「日本で朝日新聞がいじめられている」という話がしきりに伝えられている。」
>「子供たちは学校教育や絵本などを通じ、慰安婦とは昔、日本軍が逃げまどう村の少女たちを手当たりしだいにひっ捕まえてトラックに乗せて連れて行ったという“吉田ストーリー”で」

等々。改めて、それこそ歴史と真摯に向き合わない限り、同国に未来はないのではないかと。。


Re: 理解不能 古本屋の常連 - 2014/10/22(Wed) 00:52:07 No.79990
向こうの新聞は、実に朝日的で、こうあるべき、というのが記事になりやすい。事実でもなんでもなく、記者の創作が優先される。これは王朝時代の名残りとも、軍事政権の名残ともされます。
が、自由になった(ハズ)の今も、まっとうな記事を書く姿勢にいたらない。まあ、おバカな国民に迎合するのでしょうけれども。。。

で、今回の産経が大統領を侮辱した云々の件、パク政権的には大失敗です。
欧米、特にアメリカやイギリスやフランスという自由意識ばりばりの国で批判記事が新聞に掲載されました。ジャーナリスト団体も懸念を表明しました。

パク的には、どうも人質外交がしたかったのでは、と想像します。北朝鮮のマネですかね。

首脳会談を、この起訴をネタに、事実上の条件付けにするわけです。
日本はすぐに、内政干渉になるからと、”政府としては対応しない”と宣言しています。が、実際には、さまざまコメントをだし、開催の決まった大臣の会談開催にも明らかに影響を与えました。
日本が韓国に都合のよいスワップを持ってくる可能性が低くなっていて、財務大臣の会談を開催しようと決定してから起訴という。これはまさに人質です。が、日本は韓国に流されない外交カードにしています(ああ、本当に安倍総理でよかった/野田なら韓国に飛んで行って土下座してるわ)。

パク大統領としてはセウォル号事故はかなりのマイナスだった様です。本来、アホが起こした事故なんでしょうけれども。
その後、オバマ大統領やら法皇やらとのイベント、スポーツイベントと、好転していたはずなんです。

が、その大事故のさなか、勤務をしているはずの時間帯、7時間もの間、いったい何をしていたのか、という問題を世界中に広げる結果になっています。
なんという最悪の状態を、自ら選ぶか。このパク大統領のセンスは、実に理解しがたい。ので、理解しなくていいように、韓国とは距離を置きたいものです。


Re: 理解不能 正論読者@管理人 - 2014/10/22(Wed) 06:30:49 No.79994
古本屋の常連 さん、ありがとうございます。

>これは王朝時代の名残りとも、軍事政権の名残ともされます。

なるほどですね。

>が、日本は韓国に流されない外交カードにしています(ああ、本当に安倍総理でよかった/野田なら韓国に飛んで行って

これは自分もまったく同感でございます。かつてのミンス党政権なら、最低限の応酬すらできずに、だったことでしょう。

>理解しなくていいように、韓国とは距離を置きたいものです

遺憾ながら、地理的な、、ということはありますが、これも同感です。とにかくできるだけ最低限の〜、これが国民一般からも支持されると思います。


Re: 理解不能 三四郎 - 2014/10/22(Wed) 20:00:59 No.79999
 さて皆さん、一つ質問です。
『学校で行われる、道徳教育で、愛国心を教えると、我が国は再び昔のような軍国主義国家になるでしょうか?』
 私の答えは勿論『否(ノー)』でありますが、どうも中日(東京)新聞は、そうは考えていないようです。今朝の朝刊に
よれば、中教審が小中学校での道徳教育で『愛国心』を教えるのは『抵抗がある』と感じる人がいるらしいのです。

 戦前の日本が戦争に傾いていく中で愛国心教育が利用されたというんですが、あほらしくて仕方ないように思います。
 戦争がどうして起こったのか、その辺の知識をまったく教えないで、短絡的に「愛国心を教えるのがいけない」なんて、不勉強も甚だしいでしょう。

 言葉の違いはありますが、世界中どこでも学校で『自分の国に誇りを持ちなさい』『祖国を愛しなさい』ぐらいは教えているでしょう。もしそれが軍国主義につながるというなら、地球上の国家という国家には全て『軍国主義』が蔓延している理屈になります。

 問題があるのは、特定亜細亜で行われているような、愛国心にかこつけて他国を憎むような思想を子どもに植え付けることや、自国の侵略行為を正当化するような教育なのであって、母国や郷土を愛するのが何故いけないのか、教えて欲しいくらいであります。

 今までの我が国は、『羹に懲りて膾を吹く』のたとえ通り、あまりにも『国』という概念を疎かにしすぎました。
 戦争がいけないのは当たり前です。それと愛国心を持つことは別でありましょう。



[79946] 世界に誇る「平和憲法」? 投稿者:正論読者@管理人 投稿日:2014/10/18(Sat) 06:52:57 No.79946 [返信]  
失礼いたします。
古本屋の常連さんサイト掲示板での内容をこちらでも紹介させていただきたく存じます。

http://jpdo.com/sk303/17/A8ruKw8.cgi?list=pickup&num=152#152

>マスコミもそろって国民をだましていた、特に大はしゃぎして活動継続を訴えた朝日の馬鹿さ加減。

まさに、です。私たちも長年刷り込みを受けてきたわけですが、
>「パリ不戦条約と瓜二つであることが分かる。このような「戦争放棄」の規定を入れた憲法は」

こうした事柄も、現在であるからこそ、しっかり冷静に検証すべきということでしょう。例えば以下は単にヒットしたもので、ご参考としてのみですが、

http://www.toyamav.net/~fc9/sPDF/higunjikokunokenpou.pdf

不勉強でお恥ずかしい限りですが、フィリピン憲法等についてははじめて知りました。現行憲法…、やはり少なくとも朝日さんなどが大宣伝してきたようなものではないということかと。。



Re: 世界に誇る「平和憲法」? 三四郎 - 2014/10/18(Sat) 21:14:01 No.79958
>管理人様、情報有難うございます。
 考えてみれば「俺の国は軍国主義だ。だからいつでも他国を侵略する用意があるんだぜ」なんて、馬鹿げたことを憲法に明文化してる国なんかある筈ありませんものね。
『建て前』って、そういうものでしょう。誰だって『侵略戦争はしない。平和を希求する』というに決まっています。ただ、それじゃあ本音はと申しますと、米国を始め、国連安保理の常任理事国は五か国すべて核保有国ですし、いざとなれば「戦争でカタを付ける気満々」なのは明らかです。

 フィリピンにしても、その「平和主義」は、親米国家であってのことでしょうし、それはコスタリカも、そしてイタリアも、バックにNATOなり、米州機構なりがあってこそのものだというのは、誰でも知っていることでありましょう。

 要するに、我が国の『お花畑論者』の皆様が考えておられる
『平和的非武装中立』なんて国は、世界中どこにもないのであります。彼らは世界が如何に危ないか、そして弱肉強食の論理で成り立っているか、今少し学習するべきではないかと思います。


Re: 世界に誇る「平和憲法」? 正論読者@管理人 - 2014/10/19(Sun) 09:23:39 No.79959
三四郎さん、ありがとうございます。

>誰だって『侵略戦争はしない。平和を希求する』というに
>『平和的非武装中立』なんて国は、世界中どこにもないのであります。

これらご指摘の通りですね。かの大陸「中華人民共和国憲法」でも(敢えて引用はいたしませんが)「世界平和を確保し、人類の進歩を促進するために努力」とかが前文にあるようです…9条ヘイワ団体の皆さんの希求する「平和」とは中共政権と同じ方向性ということかと。


Re: 世界に誇る「平和憲法」? ナポレオン・ソロ - 2014/10/19(Sun) 10:28:51 No.79961
 いやぁ、驚きました。私も横浜の主婦=鷹巣さんを嗤えません。

 「戦争放棄」をうたった、憲法前文及び憲法九条の存在故の「平和憲法」なのですが、その原型となるモノが、第一次世界大戦後約10年経ってから、「国際紛争の解決手段」としての戦争遂行=武力行使を相互に禁じる条約が主に欧州で締結されて居た事(ロカルノ条約)、それを、米国や日本が3年後拡大して、「パリ不戦条約」とした事は恥ずかしながら知りませんでした。

 10世紀以来、千年に亘って絶えず戦争を繰り広げて来た欧州で、この様な条約が締結されたのは、使用した武器の殺傷力が格段に進歩した事で、第一世界大戦の死者数が、其れまでの史上最悪であった事、戦場となった欧州全土が焦土と化し、耕作地のみならず大切な文化遺産迄もが、焼失したり、逸失した事等、勝者/敗者に拘わらず、大きな心の傷と成っていたからであろうと思います。

 両条約締結で各国が示した「平和への取り組み」の具体的な姿勢こそ、「欧州クリスチャニティの規範力の限界」と捉える事も出来ましょう。

 驚く事は、この条約に米国が参加していると言う事です、然も、ロカルノ条約の拡大であるパリ条約の締結は、米国の提唱であり、フランスのブリアン外相とケロッグ国務長官の間で話し合われたモノなのです。 

 1898年の米西戦争に勝利した米国は、二十世紀初頭に粗現在の国容を整え、第一次世界大戦で疲弊した英国に代り、パクスアメリカーナ(世界覇権)を目指して居たと認識すべきですから、パリ不戦条約の締結に尽力した事は、表向きとは裏腹に、世界覇権にこの条約を如何に役立てるかを模索し、その道筋が見えて来たからこそ、締結に踏み切ったのだと思います。

 不戦条約の拡散を米国の覇権主義にドゥ利する事が出来るかと謂えば、戦争放棄を前提とする事を世界に広げる事で、戦争準備や戦争支援の時点で、「悪」の烙印を押せる様にしたのでしょう。、当時、米国のライバルであったのはドイツと日本でしたが、片や、第一世界大戦の敗戦国。片や、新興国家で、双方とも、軍備拡大は必須でしたから、この条約に参加せせる事で、その勢いを制限しようと目論んだものと考えます。

 当然、ワシントン軍縮、ロンドン軍縮会議に波及している筈です。 

 ご存知の通り、是等の条約は、ソウ云う軍縮にも英米の一方的な評価基準で歪められた不平等なものとして波及した。 然も、経済制裁と言う「平和的手段=兵糧攻め」を際限なく遣る事で、国家国民を追い詰め、更に「受諾不能な条件を提示する」事で、「銃弾無き侵略手法」を完成させる動機にしかなりませんでした。 然し、追い詰められた国家は、何れ、乾坤一擲の思いで、従来考えられて居たモノより、より大きく、より迅速で、打撃の大きい戦争行為に踏み切るのは、その生存権の存在から云って当然の事。

 詰まり「不戦条約ありき」では、寧ろ、19世紀まで認められていた、国家の生存権を無視することになり、特定の国家を追い詰め、絶望的な決断を誘引するダケ、悲劇的な戦争を誘発させるダケと謂う評価の方が正しいと思われます。

 大戦後の、戦争や紛争が、米国やソ連と言った大国の利益の擁護を目的とする癖に、本国以外の土地でその利益の与れない民衆の儀性や損害の下に行われて来た事で、この「戦争放棄」が、国際的に力を持つ国々に利用し尽くされ、それ以外の国々の人々にとって。如何に題目のみで不合理な話の元凶であるかが判ります。

 それはさて置き、モゥ一つ吃驚した事が有ります。

 「戦争放棄」を憲法内に謳っている国の中に、大韓民国の名前が挙がっている事です。

 するとイキナリ、「竹島や対馬侵略はドゥなるのか?」と謂う疑問がわきますよね。 戦後日本を侵略し続けた李承晩に謂わせれば、「対馬は300年前に日本が李氏朝鮮から奪い去ったモノ」と、歴史的妄想を基に、米国に主張したが容れられず、挙句、侵略準備迄していたというのですから、何処が「戦争放棄」なのかと。

 そして現在の世代の韓国人は、この李承晩創作の韓国史をそのまま「正史」として教育されているのですから、正に「詐欺師国家の歴史観」と言うべきで、「マトモ」さを彼らに求める事自体が、無駄であると思います。


Re: 世界に誇る「平和憲法」? 三四郎 - 2014/10/19(Sun) 11:27:07 No.79962
『戦争は政治の延長である』と言ったのは、プロシャの名将にして軍事学者の、カール・フォン・クラウゼヴィッツですが、
どうやら我が国のお花畑論者は、この「政治の延長」だという
認識すらないんでしょうね。

 世界各国ではどこでもこの「政治の延長である」という認識がありますから『できるだけ起こさないようにするべきだが、やむを得ず起きることもあるんだから、その場合はどうすれば良いか対策を考えておこう』という思想が徹底しているような気がするんですよね。
 だからこそどこの国も一定の軍事力は保持して、領土と国民は守ろう。また人よりも威力のある兵器(例えば核兵器)を保持して、これによってパワーバランスを保とうとか、国際条約とか、交戦規定といったものを決めておいて、いざ戦争になってしまった際に、あまりにも残酷になり過ぎないように努めているのではないでしょうか?

 残念ながら世界は『お花畑教徒』の皆さんが信じているような「理想郷」にはまだ到達していません。いえ、これから先だって到達するのは不可能に近いでしょう。それならばもっと現実的になって戦争を研究して『できるだけ起こさないようにするにはどうしたらよいか』を考えるのが、最も現実的な気が
致します。間違っても『ヘイワ憲法さえあれば』なんて夢想に陥らないように、否、国民を誤った方向に向けないように努力すべきです。これが現実的な考えだと思うのですが、如何でしょう?


Re: 世界に誇る「平和憲法」? 正論読者@管理人 - 2014/10/20(Mon) 06:30:02 No.79971
ナポレオン・ソロさん、三四郎さん、ありがとうございます。

>米国や日本が3年後拡大して、「パリ不戦条約」とした事は恥ずかしながら

なぜか?私たちがほとんどまったく教えられてこなかった部分ということにもなりましょうか。

>大韓民国の名前が挙がっている事です。
>挙句、侵略準備迄していたというのですから

これもまさに、ですね。それから以下は北〜の憲法なるものについて、ウィキからそのままですが。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9C%9D%E9%AE%AE%E6%B0%91%E4%B8%BB%E4%B8%BB%E7%BE%A9%E4%BA%BA%E6%B0%91%E5%85%B1%E5%92%8C%E5%9B%BD%E7%A4%BE%E4%BC%9A%E4%B8%BB%E7%BE%A9%E6%86%B2%E6%B3%95#.E5.BA.8F.E6.96.87

やはりコメントするのも、、ですが、この17条では「自主、平和、親善は朝鮮民主主義人民共和国の対外政策の基本理念であり、対外活動の原則である」とあります… 非道な人さらい犯罪国でも侵略しようとは言いません。。

>戦争を研究して『できるだけ起こさないようにするにはどうしたらよいか』

しっかりと自国のガードを固めている国には、とんでもない相手方も手は出せない、、ということですね。


Re: 世界に誇る「平和憲法」? 三四郎 - 2014/10/20(Mon) 11:07:10 No.79974
 かの小林のおっさんも、「戦争論」シリーズあたりの頃は、まだまともなことを書いていたものです。その「戦争論」の中で、自分の元に送られてきた手紙に、大阪の某元自衛官氏のエピソードがありました。その人は、自衛隊を退官した後、民間の会社に就職したのですが、ある時、年下の社員にこんな質問をされたのだそうです。
「〇〇さんは、戦争になったら、誰を殺しますか?」氏はその
質問に対し、即座に「敵の兵隊だ」と答えたのですが、年下の社員は彼の回答の意味が解らなかったらしく、変な顔をしています。そこで氏は、たとえ戦争であっても「無差別に人を殺してはいけないこと」「それは戦争犯罪といって、一種の法律違反になってしまうここと」を説明したのですが、最後まで彼らはその意味を理解しなかったのだと言います。

 この本を読んだとき、私は「平和主義ってやつが行き着くところまで行き着くと、戦争に関する基礎知識まで無くなってしまうのかな」と思ったものであります。

 もっと申せば、戦争というものをより「残酷」にしてしまったのは、今現在国連で主要な地位を占めているところの「旧戦勝国」ではないかと考えるようになりました。要するに「勝ったもの勝ち」「勝てば何をしたって許されるんだ」という訳です。戦勝国の戦争犯罪は一度も裁かれていませんものね。


Re: 世界に誇る「平和憲法」? 正論読者@管理人 - 2014/10/21(Tue) 06:19:25 No.79980
三四郎さん、ありがとうございます。

>戦争に関する基礎知識まで無くなってしまうのかな」と

現在も我国あちら側が言っている「平和」にかぶれてしまうと、まさにということになりましょうか。核兵器にもきれいなものとそうでないものがあるような。

>戦勝国の戦争犯罪は一度も

別スレでもございますが、「慰安婦=日本軍性奴隷」の嘘をやらかし、逆に彼ら戦勝国側の(本当の)現地女性への侵害、犯罪行為がどんどん明らかになってきています。もちろん、ことさらに誇張することは不可ですが、客観的冷静に検証し発信していくべきでしょう。当時の欧州においても、「ナチスを打ち負かした優しくかっこいい軍人さんたち」ではなかったわけです。。


Re: 世界に誇る「平和憲法」? 三四郎 - 2014/10/21(Tue) 11:26:02 No.79986
『たかが一政権の勝手な解釈で、憲法を骨抜きにされてたまるものか』
 今朝の中日新聞広告に載っていた新刊書のタイトルです。

 著者は慶応大学の教授の小林節という人と、鈴鹿市の現役の市長らしいです。

『たかが一政権の〜』・・・・まあ、何とも随分傲慢な物言いですこと。別に安倍政権は「憲法を骨抜きにしよう」なんて一言もいってないのに、ちょっとばかり集団的自衛権の行使容認に傾いただけでこの有様なんですから、護憲派だかお花畑だか
なんだか知りませんが、自分達だって『たかが大学教授』であり『たかが地方都市の首長』なのに、と思ってしまいます。

 彼等もまた、御多分に漏れず、あの憲法を神の言葉の如く崇め奉っている口なんでしょうけど、法律なんて、どれほど優れたものに見えても、所詮それは人間の作ったものに過ぎません。人間は完璧ではないのです。それを絶対視して、触れさせもしない。批判も許さない。というのでは、とてもじゃありませんが、国は守れませんし、主権者である国民の身体、生命、財産の安全も守れないのです。(事実、守れていませんものね。)それにしても学者市長っていい気なものです。こんな本を出して、悦に入って、それで商売になるんですから。


Re: 世界に誇る「平和憲法」? 正論読者@管理人 - 2014/10/22(Wed) 06:25:52 No.79993
三四郎さん、ありがとうございます。
一点ですが、

>まあ、何とも随分傲慢な物言いですこと
>なんだか知りませんが、自分達だって

まったくその通りだと思います。
今般の「憲法9条ノーベル賞」騒動についてアップされている女性の方運営のランキングサイトよりひとつご参考ですが、

http://kukkuri.jpn.org/boyakikukkuri2/log/eid1631.html

>中韓の人たちが「憲法9条は素晴らしいから世界に広げたい」なんて本気で思って署名するわけないでしょ。狙いはズバリ日本の弱体化
>日本が憲法を変えなければ、世界中の子供たちを守ることができるんですか?
 この論理の三段跳びが理解できる人、いますか?

まさに、同サイト主さんコメントの通りかと。
しかし、やはりさすが?プロ市民さんたちで、同サイトでも触れておられますが、ノーベル賞の政治的利用を考え付いたわけです。。
やはりあらためて、現政権のもとで、早期に改正〜を、ということでしょう。



[79975] 二大臣辞任のこと 投稿者:三四郎 投稿日:2014/10/20(Mon) 17:52:07 No.79975 [返信]  
 小渕優子大臣と、松嶋法務大臣が揃って「辞任」されたニュースを聞きました。私は安倍首相を支持しておりますが、
お二人の辞任劇はさして「残念」だとも思いません。お金の問題や、選挙違反云々については良く分からない部分がありますけれど、元々あまり「大臣」としての資質があるとは、どうしても思えない人達ですしね。かたや父親の「顔」で政治家になった口ですし、かたや「夫婦別姓論者」で、ある種筋金入りのフェミですから・・・・むしろ早いうちに分かって、良かったように思います。

 それにしてもこんなのを大臣にするくらいだったら、何故内閣改造なんかしたんでしょう?

 さて、民主党とあっち側メディアは、今や「鬼の首でもとったみたいな」騒ぎ方ですね。もっと他にやることはないんでしょうか?



Re: 二大臣辞任のこと 古本屋の常連 - 2014/10/21(Tue) 00:45:13 No.79977
いや、実はこのニュース、大笑いしてしまいました。いやさ、大臣の首取り合戦が恒例になってしまっています。

さらに、国会議員様が週刊誌ネタで大騒ぎというのも恒例です。あと、やはりこれを載せた週刊誌が、タイミングを見ていた、つまり記事の対象者の地位が上がって記事にプレミアが出るタイミングで暴露出しという、流石は悪口一番の雑誌だけはありますね(記事を読むとわかりますが、ネタをつかんでから寝かせていた期間があったような)。

というわけで、せっかく(?)辞めちゃったので手のひらをくるりと返します。小渕は韓国大好きの韓流派(日韓議員連盟)です。辞めちゃうことで、韓国的には損失なわけで、ごめんねー、韓国って感じがします。

あと、うちわ配布
これくらい目くそ鼻くそもない。
こちら。
http://hamusoku.com/archives/8573501.html
なんていうか、国会議員様方も、ネタ元が週刊誌じゃないとキレが悪いかも、って感じております。


Re: 二大臣辞任のこと 正論読者@管理人 - 2014/10/21(Tue) 06:58:01 No.79982
三四郎さん、古本屋の常連さん(ご紹介も)、ありがとうございます。

>元々あまり「大臣」としての資質が
>小渕は韓国大好きの韓流派(日韓議員連盟)です。辞めちゃうことで

何と申しますか、小渕氏については、かつての古い後援体制選挙でそのまま、なにも知らずに、、ということでしょうか。同氏の言から、やはり本人はなにもほとんどまったく意識すらなかった…ということのように感じます。

>「 「大きな疑念があると言わざるを得ない」。どこかひとごとのように話す小渕氏に「自身の責任はどう感じるのか」と記者が問うと、「なぜこうなったのか、分からない」と困惑した表情を浮かべた。」(産経系より一部)

とのこと。それから、松島氏ですが、

>かたや「夫婦別姓論者」で

以前からその面では「積極的」でフェミ勢力「期待」の一人だったということだと思います。また、同氏はかの朝日さん出身ですね。以下はウィキから一部そのままですが、

>「2001年3月15日に、「国会では通称使用しているが、戸籍名の当選証書を手にしたときのショックは忘れられない。選択制なのだから、別姓にしたい人は好きにさせてほしい。」と述べている

等々、以前からということです。日中友好議員連盟にも。そうしたこと等からは、これはこれでということでありましょう。早くダメージ色を払拭して、と願います。

>あと、うちわ配布
これくらい目くそ鼻くそもない

ご紹介感謝です。あらら、これだけゾロゾロw。やはりうちわのレンホウ氏がきっかけとなり、、画像含め保存ですね。
今回の件、それこそいろいろ裏?や思惑等々があるのでしょうが、以下は関連ランキングサイトからそのまままた。いろいろな見方もあるということだと感じます。

http://blog.goo.ne.jp/toki_1/e/ce29c2c34fed66bfe348cf0991db514f?fm=rss

ご判断はお任せです。
またコメントをと存じます。


Re: 二大臣辞任のこと ナポレオン・ソロ - 2014/10/21(Tue) 09:30:15 No.79983
小渕・松島両大臣の辞任が、如何にもの感じでマスコミが大騒ぎしていますが、我々観衆としては、「やれやれ」の感が有るのは、最初から、両方とミスキャストの感が強かったからでしょう。

 殊に。松島みどり法相に関しては、何時ぞやの民主党政権での柳田法相に劣らない感が有りました。 元朝日新聞記者と云う経歴を見て「何で自民党なの?」と目を疑いましたからね。 で、聞こえてくる評判も「流石、アサヒ!」と思わせるものばかり、ご本人も初めは「大臣の職責を全うする」とか、辞める気は微塵もなかったように見えましたが、急転直下、小渕さんと一緒に辞めるタイミングになったのは、ご本人は否定していますが、内外から圧力が懸っているのは間違いない処。

 大体、「フェミニズム迎合」を高らかに宣言した事からして、安倍政権に抗えない外圧が懸っている事を感じています。 是までの実績で実力を高く評価されてきた、稲田、高市、山谷さん等は、性別を考え無くても順当な人事だとしても、小渕さんの経済産業相は、「えっ?」だったし、松島さんの法相は、「それって誰?」だった。 何とはなく「無理」を感じたのは、私だけではないのではなかろうか。 松島さんの代わりの上川さんは大臣経験者だが、余り知られた人ではない。 大臣でしくじると痛さが違いますからね、「大丈夫かな?」と云う気はします。

 まぁ。経産相に就任して直ぐ、「太陽光発電に偏った、再生可能エネルギー推進策の見直し」と云う、電力業界の要請そのままの、「太陽光発電電力の買い取り価格の引き下げ」を発表しましたからね。  この事業を提唱し、推進してきたSOFT BANKの尊正義社長を始めとする、ソーラーパネル業界は、「わが世の春」が終焉に向かう端緒として、大いに沸騰していたはずです。

 辞任理由となった小渕さんの観劇会の収支報告書への「利益供与」は、問題ない範囲だとの事ですが、「記載漏れ」は、犯罪の匂いがします。 まぁ、ご自身の足元を見直す意味で、今回の騒動〜辞任劇で受けた痛手が、彼女の政治家の将来に資する事に成れば、と思います。

 松島さんのうちわに関しては、やった方もセンスの無さを感じるし、その揚げ足を取りに行った方にも、同じ穴のムジナの感が有ります。 所謂、昔流の左翼のドロドロ劇ですね。(嗤) この人も東京の選出ですね、大阪も」嗤えませんが、ドゥにかなりませんかね。


Re: 二大臣辞任のこと 三四郎 - 2014/10/21(Tue) 11:15:04 No.79985
>古本屋の常連様
『うちわ』に関する情報、有難うございます。これなどは正に
「お前らに言われたくない」とか「藪をつついて蛇がでた」なんでしょうね。最近の言い回しならば「見事にブーメランが返ってきたとなるんでしょうな。

 松島議員がそういう人だったというのは分かりきっていた訳ですから、何故「法務大臣」なんていう重責を担わせたんでしょうな。あまり意味がなかったような気が致します。

 小渕議員に関してはまさしく『親の七光り』の最たるものでしょうね。よく時代劇で、バカ殿様や世間知らずおお姫様が「よきに図らえ」なんっていって、結局悪辣な家来に好き放題させてしまっている光景がありますが、正にそのままでありましょう。


Re: 二大臣辞任のこと 正論読者@管理人 - 2014/10/22(Wed) 06:17:28 No.79992
ナポレオン・ソロさん、三四郎さん、ありがとうございます。

>殊に。松島みどり法相に関しては、

これは同感でございます。↑でも述べましたが、この人がこのポスト、ということで例の別姓関連もまた要注意、、ということでもありました。

>安倍政権に抗えない外圧が懸っている事を感じています

いろいろあるのでしょうが、「女性〜」でつまずくことがないよう願います。閣僚ポスト選定に際しては、当然今までの経緯や金銭面でのチェック等々を行っているのでしょうが、「女性」ということで甘かった、、部分もあるのではないかと。?

>問題ない範囲だとの事ですが、「記載漏れ」は、犯罪の匂いがします。 まぁ、ご自身の足元を

これも述べましたようにご本人は、それこそ任せきりでまったく知らない、ということだったのでしょうが、ますますいろいろ出てきてこれではもはや、、ということだったのではないかと。。
ところでやや穿ったようなお話でお叱りを受けるかもしれませんが、皆様ご承知のように、比較的最近まであちら過激フェミ勢力は「とにかく女性議員、閣僚を増やせ〜」で「女性議員ゼロの議会」をサベツと糾弾、「とにかく女性なら〜」路線でやらかしていたと思います。オトコ議員=女性差別、(金銭的に)汚い、汚職、等々のイメージで、対して女性はクリーンで、、とかを基本に宣伝しておりました。彼らは現在どのような感想、意見なのでしょうか。。それこそ、「性別にかかわらず」国思う有能な政治家さんにどんどん活躍していただくことこそ、であり、議員女性○割〜のおかしさを再検証すべきと感じます。

【記事削除フォーム】
記事No 削除キー

- KENT-WEB & AZAQ-NET -